わずか摂氏25度の宇宙最低温で暗く静かに輝ける星を新発見!

わずか摂氏25度の宇宙最低温で暗く静かに輝ける星を新発見! 1

まだまだ宇宙には未知の新発見がいっぱい...

少し前に表面温度が摂氏97度ほどしかない褐色矮星「CFBDSIR 1458 10b」の新発見が発表されたばかりでしたが、新たにその低音星の記録を大幅に塗り替える、わずか摂氏25度という表面温度の褐色矮星「WISE 1828t+2650」の存在が確認されましたよ。

NASAが2009年12月に打ち上げた広域赤外線探査衛星のWISE(Wide-field Infrared Survey Explorer)の収集データを分析することで見つかったWISE 1828+2650は、あまりにも表面温度が低いため、可視光では観測できず、暗く静かに光を放っているとは思われるものの、宇宙空間では何色に輝いているのかさえ分からないようです。ただ、太陽系からは、前回発表されたCFBDSIR 1458 10bよりも近距離に位置しており、この宇宙最低温の星の研究を重ねて、さらなる新発見が行なわれることへの期待も高まっていますよ。

どうやらWISE 1828+2650は、他の恒星と似たような誕生の歴史があるものの、核融合とエネルギーの放出が低温ゆえに十分にはなされず、そのまま現在のように暗い光を放つのみの存在になったとも考えられているみたいです。この夏の猛暑よりはよっぽど涼しい温度で輝く星があるなんて、なんだか不思議ですよね~

NASA

Jesus Diaz(米版/湯木進悟)