手のひらサイズの量子スパコンが5年以内に完成。現在のスパコンが数年かかる計算も1秒で

手のひらサイズの量子スパコンが5年以内に完成。現在のスパコンが数年かかる計算も1秒で 1

コンピュータはどこまで小さく、速くなるのでしょう?

国立情報学研究所の山本喜久教授が、手のひらサイズ量子コンピュータを実現する新しい計算原理を考案したそうです。従来の量子コンピュータは、重ね合わせや量子もつれなどを利用していましたが、これらは量子の制御が難しいという課題がありました。今回考案された原理は、解きたい問題を組み込んだ回路へレーザー光を入力すると、解答にあう状態へ変わったレーザー光が出力されるというもの。複数の候補から答えを選択するタイプの問題が効率的に解けるようになるみたいです。

この量子コンピュータが実現すれば、現在のスパコンでは年単位の時間がかかる計算も1秒以内にできるようになるんだとか。国立情報学研究所は民間企業と共同して試作機を5年後には完成させるそうです。新薬や材料の開発などに利用されます。

家庭用の量子コンピュータはいつごろ登場するのかな?

スパコン、手のひら大で超高速に 新たな原理考案 [日本経済新聞]

Quantum党紹介ページ [次世代コンピューティング研究室]

(鉄太郎)