変!でも体に効くぞ。アディダスのビブラム風五本指裸足シューズ「Adipure Trainers」

110823adidasadipurebarefoot.jpg

この僕が今履いてるのは、アディダスより新発売の5本指裸足シューズ「Adidas Adipure Trainers」です。

5指バラバラ(気持ちいい)で、地面から直に感触が伝わってきて(これも最高)、変な人になった気分(これはいつものことか...)。これ履くとベターなアスリートになれるってアディダスは言うのだけど。

ミラノのビブラムが打ち出した裸足感覚のランニングシューズ今すごい勢いで流行ってますけど、アディダスのはちょっと違って、ジムにターゲット絞った初の裸足シューズ、ということです。

 

110823adidasadipurebarefootbottom.jpg

肝心の履き心地。これがなかなかいいんですよ。上半分は上等なウォーターシューズみたいで、伸縮性があって、履いてるのも忘れてしまうほど。指先はちょいキツめ。でもエチレンと酢酸ビニルのミッドソール(中底)は完璧で、特にここには空気が詰まった発泡セルが沢山敷かれてるんですね。で、足が着地すると圧縮されて空気がスーッと吐き出され、その後また空気を吸って元に戻るんです。

Nike Freesは裸足感覚の再現(つまり衝撃吸収を減らすこと)に注力してますけど、Adidas Adipuresはある程度クッションを提供し、地面のギザギザとんがったところまで感じなくて済むような造りなんですね。無論、衝撃を吸収し過ぎないようバランスには気をつけていますから例えば、跳び箱とかの時も指先の感覚、体の重心を探して着地点を捉える感触はきます。まるで足に新しいコア・エクササイズ(体を安定させる筋肉=体幹の運動)を加えた感じ。大きな筋肉より小さな筋肉って言いますけど、小さな筋肉鍛えるのに最適ですねー。

110823adipure1110823adipure2110823adipure3110823adipure4110823adipure6

アスリート公認、トレーナー推奨のベネフィット満載なわけですが、やっぱり見た目はアレですよね...「変」という言葉から想像する以上に変。まージムは形より機能だから、これでいいのだけれど。

姿勢・整体バランスを改善してワークアウト効果を最大限にしたいという具体的目標がある人にはフィットしますね! 運動中ずっと重心を探し、これまで存在することも知らなかったような筋肉を使ってる自分に気づくはず! 

ひとつだけ注意:ランニング主体の人には不向きです。

11月1日、90ドル(7000円弱)にて発売。

[Adidas]

CASEY CHAN(原文/satomi)