靴下の跡までくっきり見える! 美少女達が織りなす世界観を4Kで堪能できる「aBUTTON」の創刊記念イベントにいってきました!

2011.09.08 22:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

110905ab14.jpg


橋本「ガジェット男子? 人間として尊敬します。」

こんなこと言わせちゃう僕はどうかしてましたが、先日、aBUTTON(エーボタン)の創刊記念イベントと、3人の少女たちへインタビューする機会をいただきました!

aBUTTONは以前ギズでも紹介したように、超高解像度(4096x2160ピクセル)のデジタル版と、紙の写真誌が用意されているビジュアルマガジンです。

10代の魅力を存分に楽しめるaBUTTONを、続きでじっくりご紹介しますよ!
 

 
110905ab02.jpg


創刊号は、左から東京ガスのCM等で活躍中の岡野真也さん、映画「告白」や現在オンエア中のCM「贅沢微糖 BOSS」に出演中の橋本愛さん、先日最終回を迎えた「仮面ライダーOOO /オーズ」のヒロイン役を務められた高田里穂さん。この3人が10代少女の美しさを表現しております。今回は撮影を行った制服で登場の3人。意外とリラックスしていて楽しそうでしたよ。


110905ab03.jpg


今回の注目はPS3にて展開されているデジタル写真誌。なにがスゴイってHDの4倍もの解像度で楽しめるんです。だからよぉーく拡大してみるとさっきまで履いていた靴下の跡までみえちゃうんですよ! え? その画像? そこはもちろん見てのお楽しみですよ。

そしてデジタル版らしい表現として、写真をズームし続けていくと、奥に新たな写真や動画が隠れているんです。どの写真に何枚隠れているのかはわからないので、それらを探すちょっとしたゲーム要素が含まれているのもポイントですね。

高解像度だからこそのちょっとした裏話で、どんどんどんどんズームしていくとお店の名前などがはっきりと見えてしまうため、ぼやかしたり、文字を消したりなどちょっとした苦労もあったそうです。細かく修正されてるんですねー。


110905ab04.jpg


橋本愛さんは「最初は何をされているのか、何がおきているのかさっぱりわからない状態だったのですが、途中から本能的に理解をして撮影を楽しむ事ができました。」と撮影後半には世界観に入る事が出来たようです。


110905ab06.jpg


高田里穂さんは高解像度で細かく見えてしまう事にとても照れていました。動画には夏目漱石の作品を音読しているものがあったりと、僕は個人的に高田さんのファンなので家でじっくり見たくなっちゃいましたよ。


110905ab07.jpg


岡野真也さんは屋内の撮影で、趣きのある建物で1枚の絵のような写真、拡大しても絵になるとてもいい写真が多くありましたね。スタッフ間での裏設定で「監禁された少女」というイメージがあり、それが岡野さんにもこっそりと伝わっていたらしく、外の窓に張り付くバッタを室内から羨ましがる演技には思わずため息。その1枚1枚に込められた設定や世界観が伝わってきましたよ。

デジタル版を見ていて思ったのですが、心地よいBGMがとてもいい雰囲気でしたね。さらに世界観にのめり込ませてくれる、視覚だけでなく聴覚からその作品を感じられ、気がつくと魅入ってしまってましたね...。もうコレはひとつのアート作品ですよ。


110905ab08.jpg


さてさて、今回は更にこの「aBUTTON」の魅力を聞くために高田里穂さん、橋本愛さん、岡野真也さんにインタビューも行いました! やったー! 緊張気味で、めっちゃドキドキしちゃってたのを隠してたんですけどバレなかったかなぁ。

ギズモード(以下、ギズ)「それでは今回のデジタル版「aBUTTON」の見所を教えてください!」


110905ab09.jpg


岡野真也さん(以下、岡野)「私は全て屋内で撮影していて、室内ならではの雰囲気を感じていただければ嬉しいです。特に紅を塗る1枚があるのですがこの写真には、ここで大人の女性へと成長するといった意味を込めているのでそれを感じ取ってほしいです。」


橋本愛さん(以下、橋本)「動画だったり音楽だったりから世界観を感じられたり、1枚1枚の構成だったり写真をみることによっていろんな事を想像できる、楽しめるという所が見所だと思います。私は動画に魅力を感じていて、河原や花屋さんで撮影した動画がとても雰囲気が出ていて大好きです。」


110905ab11.jpg


高田里穂さん(以下、高田)「1枚なのにそこからストーリーが感じられ、同じ世界にいるような気分に浸れると思います。さらに動画ならもっと近づけると思いますよ。私の写真で静と動を表現した写真があって、そこからこの子はどんな事を考えているのだろうか...。などそれぞれの写真に詰まっている物語を感じ取ってほしいと思います。」

ギズ「撮影を終え、完成品を実際に見てどんな感想を持たれましたか?」

岡野「気がつくと色々な写真をとられていて、実際に見てみるとこんな風に使われていたり、いつこんな写真を撮ったの!? といろいろと驚く部分納得する部分がありました。」

橋本「撮影中は撮られてるという事は理解はしていたのですが、あれはなんだったんだろう...。これはどういうこと? といった不思議な気持ちで撮影をしていたが、実際出来上がった物をみて自分の中で整理されて、感激してしまいました。」

高田「それぞれの魅力だったり、雰囲気を最大限に引き出してくれるようなシチュエーションが用意され、撮影してくれているのを感じました。」


ギズ「ちなみに機械やハイテクなどのガジェットに強い男性って素敵だと思いますか?」

岡野好きです。私は説明書を斜め読みをしてしまうので、説明書などをしっかりと読まなくてもココはこうでしょって教えてくれるとドキッとしちゃいます。」

橋本人間として尊敬します。どこから学ぶんでしょうかね...。自分自身が機械音痴なのでなんでそんなに扱えてしまうのか不思議に思えます。」

高田カッコいいですね! 兄がいてパソコンとかが大好きで、その影響で良くパソコンを使うのですが、やっぱり得意な方に教わりたいですね!」


えへへ、これで安心して胸を張ってガジェットに強いよ! って言っても大丈夫だよね! 気がついたら緊張もとれて、最後の質問辺りで楽しくインタビューさせて頂きました。ありがとうござましたー!

どうでしょう! 「aBUTTON」はただのビジュアルマガジンではない事が伝わりました? それぞれの世界観や彼女達を写真、動画、音楽で感じる事が出来ますので是非とも1度体験して頂きたいですね。僕が作品をみて、それぞれの写真の中に時折込められている少女から大人に変わる瞬間にドキッとしてしまいましたよ。

なお、本誌デジタル版は9月15日(木)にPlayStationStoreで配信予定だそうです。また、期待の2号目には、「大切なことはすべて君が教えてくれた」で月9ドラマデビューを飾った広瀬アリスと、映画「アバター」「GANTZ」なので活躍中の水沢奈子の出演が決定! 公式サイトではふたりの秘蔵メイキング・ムービーも掲載中なので、気になる方は是非チェックしてみましょう!

「aBUTTON」はこれからも毎月発行されていきますので、是非気になる方はチェックしてみましょう! 姉妹紙IQUEENの記事はコチラ


110908abutton001.jpg


雑誌版は、PARCO出版より発売中です。
Photo:中込一賀
(c)LUCENT PICTURES ENTERTAINMENT


[aBUTTON , 公式twitter]

(長谷憲)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
特別企画

家事で空気は汚れる? 「Dyson Pure Cool Link」でチェックしてみた

Sponsored by Dyson 風が強くて気持ちいい扇風機と、微細なアレルゲンも取り除いてくれる空気清浄機。2in1なダイソン・エアマルチプライアーシリーズ最新モデルが、さらなる進化を遂げました...
続きを読む»

・関連メディア