大阪の滝のような時計が凄い!(動画)

子供大興奮。

大阪駅の南側、サウスゲートビルのエントランス横にある水時計だそうです。滝のように落ちる水滴で文字や絵を空中に表現しています。

こういうタイプのウォータースクリーンには「AquaScript」などが知られていますが、大阪のやつもそれでしょうか?

white-screen.jpによれば

アクアスクリプトを創り上げたのは、ドイツ出身のアーティストJulius Popp(ジュリアス・ポップ)。ポップは1973年生まれ、テクノロジーを使ったアート作品を手掛けるアーティストだ。アクアスクリプトはポップ自身のアート作品「Bit.Fall」で使われたもの。現在はサービスとして販売されており、誰でもこのシステムを使うことができる。これまで演劇の舞台やCM撮影における美術装置として使われてきた。

アクアスクリプトの動く仕組みは、ソフトウェアによるバルブの制御。降る水のデザインはビットマップ上で行い、それに従って水滴1滴の動きまで自由にコントロールする。横サイズの延長が容易なのも特徴で、最長で50メートルもの装置が作れる。消費電力が大きいように見えるが実は家庭用の電源で動作可能な上、濾過した湖や川の水を使うこともできるそうだ。

というわけで、大阪のもアクアスクリプトと同様の仕組みっぽく見えますね。

とにかくまぁ、理屈抜きに綺麗です。

そして最初の動画に寄せられたコメントで秀逸なのがこれ。

大阪の滝のような時計が凄い!(動画) 1

いやぁ、ほんとそうっすよね。男なら一度はこんなおしっこしたいわ。

大阪にすげぇ時計が存在してた件 水で時間を表示する「水時計」 [ニュース2ちゃんねる]

大阪駅の「水時計」が凄いぞ[ゴリモンな日々]

滝のように降りそそぐ、儚い水のスクリーン!「アクアスクリプト」とは? [white-screen.jp]

[Aquascript]

(鉄太郎)