何が違うの? リーバイスの自転車専用ジーンズ「Commuter」(写真ギャラリーあり)

何が違うの? リーバイスの自転車専用ジーンズ「Commuter」(写真ギャラリーあり) 1

裾が車輪に絡まって転んで顔面ボロボロ...。

なーんて心配のない自転車専用のスキニージーンズ「Levi's 511 Skinny Commuter」がリーバイスより新登場です。

普通の511とどこが違うの?

さっそく穿いてみました!

好きなところ

見た目はふつうのLevi's 511と同じで、細身のデニムに昔ながらのリーバイスの縫い目。でもCommuterは見えないところに「自転車乗るならコレ!」と思わせる工夫が隠れているんですよ。

何が違うの? リーバイスの自転車専用ジーンズ「Commuter」(写真ギャラリーあり) 2

まず裾の裏地には3Mの反射材が縫い込まれているので、裾を折り返して履くと暗い夜道でも車のヘッドライトに反射します。ビカビカってほどでもないけどね。

何が違うの? リーバイスの自転車専用ジーンズ「Commuter」(写真ギャラリーあり) 3

運転中置き場所に困るU字ロックもベルトの通し穴にすっぽり収まるデザイン。 ご覧のようにデニムは撥水性なので小雨程度なら濡れません。防臭加工もばっちり。

何が違うの? リーバイスの自転車専用ジーンズ「Commuter」(写真ギャラリーあり) 4

携帯用の内ポケットもiPhoneが収まるゆったりサイズで、自転車で跳んだり跳ねたりしても飛び出ないよう、ちゃんと奥まったところにつけてますよ。

何回か実際に穿いてみて一番重要だって思ったのは普通のデニムより伸縮性に優れていることですね。とっても履き心地いいんです(特に股間周り。さらにプロテクションかかってます!)。数日履いたっていうか、まるで何ヶ月も履き潰したかのように体によく馴染むんですよ。

スキニージーンズだから車輪に絡まらないのは当たり前ですけど、脚ガリガリの人しか履けないスキニージーンズはペダル漕ぐと急所の血流止まってしまいますよね。ああいうスキニージーンズではないのです。

 

好きじゃないところ

Commuter Jeans(通勤通学ジーンズ)ということですが、運動着ほど通気性はありません。蒸し暑い夏の昼間より夜間に向いてます。どうせつけるなら3M反射材はもう少し大きくとってくれた方が単なるギミックなお飾りじゃなくて実用的かな。面倒くさがりな人は「ボタンよりファスナーにしてくれ!」って思うかも。あと普通の511よりサイズは小さめなので買うならワンサイズ大きなものにしましょう。

買い?

先日はジム専用の五本指シューズってのもありましたが、ジーンズが「自転車専用」っていうのも...変な気がしますよね。なんでわざわざ? と思ってしまいますけど、「自転車乗るんだけど普通のデニム履きたい!」という人には良いお買い物でしょう。自転車乗らない人は普通の511で十分です。

インディゴとベージュの2色。78ドル。

110909leviscommuter2110909leviscommuter3110909leviscommuter4110909leviscommuter5110909leviscommuter6110909leviscommuter7110909leviscommuter8

[Levi's 511 Skinny Commuter Jeans]

CASEY CHAN(原文/satomi)