Googleの電力使用量は2億6000万ワット! 米国の某都市を超えます。さて、どこの都市でしょう?

20110912googleserver.jpg

シンキングターイム!

Googleのデータセンターでの電力使用量はどのくらいなのでしょう? 私たちの検索、Gmail、YouTube等々を支えるデータセンターで使われる電力はなんと2億6000万ワット! これは米国ユタ州の州都、ソルトレイクシティ全体の電力使用量を超えています。ソルトレイクシティの人口はおよそ18万人、日本で言うと東京都三鷹市クラス。人口20万人近い都市を支えるのに十分な電力を使うGoogleのデータセンター。環境に優しいウェブ作りに取り組むサイトをGoogle Greenを発表しています。

Google検索100件は、60ワットの電球を28分間点灯させるのに等しい電力を使用します。1Googleユーザーの1ヶ月のサーバー使用で60ワットの電球3時間分に等しい電力を使用します。しかし、いかに電力を使用しようともGoogle、インターネットの活躍でエネルギーの消費量が減っていると考えることもできます。例えば3日間のYouTubeストリーミングは、1枚のDVDを生産して家まで届けるエネルギーとほぼ同じです。見るという点で考えると2時間の動画を見るのに必要なエネルギーで、Googleなら3日分見ることができるわけですね

これからもっともっと電力使用量が増えるであろうIT業界、その環境への取り組み方も注目が集まっています。

[NY Times]

そうこ(Casey Chan 米版