大気圏に突入した人工衛星が世界の誰かに当たる確率「3200分の1」はホントに高いの?

大気圏に突入した人工衛星が世界の誰かに当たる確率「3200分の1」はホントに高いの? 1

1991年に打ち上げられた大気観測衛星UARS」(約6トン)が2005年に運用期間を終えて、9月下旬から10月上旬に大気圏へ突入する予定だそうです。

それを受けてNASAが発表した「注意報」をまとめると以下の内容になるそうです。

落下物が落ちる場所: 北緯57度~南緯57度の間(日本も含む)

落下物の内容: 26個の金属破片(計532キロ)

落下物の範囲: 800キロ四方

世界の誰かに当たる確率: 3200分の1(約0.031%)

自分に当たる確率: 21兆分の1 (約0.00000000000048%)

世界の誰かに当たる確率が3200分の1と言われると...何となく高いような気もしますが、参考までに以下の確率と比べてみるとどうでしょうか。

宝くじで2億円が当たる確率: 1000万分の1 (0.00001%)

1年間で事故にあう確率:  約111分の1 (0.9%)

例が極端ですけど、事故にあう確率に比べれば全然低いですね。なので、3200分の1と言っても、そんなに慌てるほどではないような気がしてきました。また、過去に地球に落下する人工衛星などの破片で、けが人が出た事例は今のところ報告されていないそうですよ。まぁ、過去が大丈夫だったから、今回が大丈夫だなんて誰も保証してくれませんが...。

一方で、NASAが「破片が有害である可能性はほとんどないが、絶対にさわらないで」呼びかけているそうなので、もし、UARSらしき破片のようなものを見つけた場合は、最寄りの警察署などに届け出た方がいいみたいです。

運用期間を終えた人工衛星をそのまま放置していると宇宙ごみになってしまうそうなので、何とかしなくちゃいけないことは理解できるのですが、誰かに当たる確率が〇〇分の1と言われると複雑な気持ちになってしまいます。人工衛星を地球に落とす以外に低コストで安全に消滅させる方法ってないものなんでしょうかね。

Photo by NASA

人工衛星日本も落下エリア内 人に当たる確率「3200分の1」に不安[J-CAST News]

衛星の破片、落ちるかも 人に当たる確率3200分の1[朝日新聞]

(KENTA)