ソニー、壊れたラップトップの修理を待つ人の家に壊れたラップトップ7台を送りつける

ソニー、壊れたラップトップの修理を待つ人の家に壊れたラップトップ7台を送りつける 1

ねぇ、なんで?

Joe LitwinさんはソニーのラップトップVaioユーザー。調子が悪くなったVaioを修理にだすために、修理に送るための専用の箱がソニーから送られてくるのを待っていました。が、いつまで待っても修理の箱は届きません。代わりに届いたのは壊れたソニーコンピューター7台。どうやらとんでもない手違いが起きてしまい、ソニーへと修理に出されたパソコンが修理工場ではなくJoeさんの家に届いていたのです。もちろん送った側は、この住所はソニーの修理工場だと思っているわけで、中にはJoeさんの家に問合せの電話をかけてくる人も。7台の壊れたパソコン、さらにもう5台が届く予定だそうで。

ソニー側もなんでこうなったのかわからないそうですが、どうやら修理用の箱のラベルに誤ってJoeさんの家の住所が印刷されることになってしまったよう。Joeさんの家に届いた壊れたパソコンには持ち主の個人情報がたっぷりつまっているでしょうし、これはとんでもない手違いです。ソニーはただ今全力で問題解決&コンピューター修理中です。

が、それにしてもとんでもない手違いですね。

[NBC4i via Consumerist]

そうこ(Casey Chan 米版