レノボから来た...iPadの半額以下の7インチAndroidタブレット「IdeaPad A1」が発売!

110918lenovo.jpg

7インチでベストの選択肢になるか...

なんだかタブレット市場に価格破壊の波が押し寄せてきてますよ。あの「ThinkPad」ブランドの最新タブレットを発売すると噂されていたLenovoが、大きく方向転換して低価格攻勢で進出を決定した「IdeaPad A1」の出来栄えが最高にいいんだそうです!

IdeaPad A1のOSには、タブレット仕様のHoneycombではなく、Android 2.3の(Gingerbread)が搭載されており、1GHzのCortex A8プロセッサー、100万画素と300万画素のデュアルカメラ、WSVGA表示(1024×600ピクセルの解像度)の7インチタッチスクリーンを装備していますよ。そんなに目をみはるようなスペックではないんですが、実際に手に取って使い倒してみた感想は、わりとサクサクと快適に動いて予想以上の満足度みたいですね。

なによりもIdeaPad A1の魅力は、発売地域にもよるようですが、8GBモデルならば199ドルという、日本円にしてiPadの半額以下という2万円を軽く切る販売価格にありますよ。16GBモデルでも249ドル、32GBの最上位機種でも299ドルという激安設定は大きなアピールポイントでしょう。これはぜひとも日本国内でも早く発売してほしいですね~

Engadget

Adrian Covert(米版/湯木進悟)