超変身? 農作業をサポートするパワードスーツが研究中

超変身? 農作業をサポートするパワードスーツが研究中 1

「そろそろ変身の時期ですね」

「お母さん。来週は収穫だからパワードスーツ出しておいて」

なんて会話が近い未来聞こえてくるかも? な研究が進んでいるようです。

人間の力を数倍に底上げしてくれるパワードスーツ。GANTZスプリガンなど、主にサイエンス・フィクションの中で登場するアイテムですが、実際には介護現場や救助現場での作業を手助けする「アシストスーツ」として、さまざまな分野での研究開発が進んでいます。

SankeiBizにて取り上げられていたのは、和歌山大学システム工学部と同県の工業技術センターとが共同開発している果実収穫のサポートを目的とした農業用アシストスーツ

現在のところ、従来の1/2~1/3程度の力で作業を可能にでき、15分の充電で約2時間稼働と、パワーとバッテリー面では問題なし。その一方重量面、コスト面など実用化への課題は多そうですが、高齢化が進む農業の新たな"支え"となる可能性を秘めている素晴らしい研究ですね!

ちなみに注目される見た目ですが、装着している姿が情報元のSankeiBizにて掲載されています。見る限りではマンガのように全身をスッポリ覆うスタイルではなく、アームを装着する外骨格タイプのスーツ。スプリガンごっこはできなさそうです。

農作業負担は「スーツ」で軽減 和歌山大など、人と協調のロボット研究[SankeiBiz]

(小暮ひさのり)