鬱病等に効果的? お父さんお母さん、子供は外で遊ばせましょう!

鬱病等に効果的? お父さんお母さん、子供は外で遊ばせましょう! 1

「子供は外で遊んできなさい!」なんて言われない時代なんですね。

ギズ読者のお母さんお父さん、子供を外でたっぷり遊ばせていますか? 車が危ない、変質者の心配、紫外線の問題等々、最近は外で遊ぶ子供が少ないのではないでしょうか。遊ぶ場所がないってのもあると思いますが。研究者Peter Gray氏が、現代の85%の子供は1950年代の子供よりも鬱や不安症等の問題をより多く抱えているというレポートを発表しており、その原因はライフスタイルにあると言います。

Gray氏曰く、1950年代以降、子供が同じ年頃の子供と外で遊ぶ機会は減少していったとされ、同時に鬱や不安症を抱える子供の数は増加しているといいます。もちろん、外で友達と遊ばなくなったことと鬱病が増えたのは原因として密接に結びついていると証明されたわけではありません。しかし、Gray氏は外で遊ぶということが長期的に見て子供の健康に影響を与える大きな原因の1つだと考えています。同じ歳の子供と遊ぶことで、その子達の社交性や認識能力、自信等にも影響を与えているというのがGray氏の見方です。

紫外線も多少は浴びなくちゃダメだという研究もなされていますし、一周回ってまた外遊びが注目されているのですね。

[Discovery News]

そうこ(Kelly Hodgkins 米版