AKGから13万円台のイヤホン「K3003」「K3003i」がリリース

110909-intro.jpg

無造作にiPhoneに巻いて持ち歩いていたらK3003狩りに遭ったりしちゃうのでしょうか...。オーナーになる方はほんとお気をつけて...。

マスプロダクツでこのお値段!? と驚かざるをえない「K3003」と「K3003i」。エントリー級からハイエンド機まで満遍なく人気の高いAKGから発売されるインナーイヤー・ヘッドホンです。お値段、予価で13万円台。ハンパねー。

ウーハーにはゴツめの音圧ヂカラを持つダイナミックドライバーを。ミドルレンジツイーターには高精細な表現が得意なバランスドアーマチュアドライバーを搭載。ほぼ同軸となるような配置がされており、各ユニットから発せられた音波はストレートに鼓膜まで届く仕組み。

パーツ構成を見る限りネットワーク回路がないんですよ。スピーカーにしろヘッドホンにしろ、マルチウェイ機はネットワークによって各ユニットに担当させる信号を振り分けてダイナミックレンジを広くすることができる反面、音の鮮度がやや失われてしまいがちなのですが、もしかしたらコイツは各ドライバーが各帯域に最適化されていて、ピークもディップも抑えながらネットワークレス3WAYを実現している...のでしょうか。もしそうだとしたら、このお値段にも納得できちゃいますが...。いやいやまさかまさか。いやいやいや。

中高位機をマスクするバスブースト、高域をカットするリファレンス、ほとんどスルーするハイブーストの3つのフィルタが付属。これらを音筒部に差し込むことで、音質を調整できるのもこのモデルの特徴といえます。

なお「K3003i」はマイク内蔵リモコンを装備。でも「K3003」とお値段は変わりません。磨きに磨いた音質でしょうから、「K3003」と「K3003i」でトーンの差が体感できちゃうかも。

ともあれWAVファイル+ヘッドホンアンプを使っている方や、FLACをWAVに変換、24bit/96kHz PCMレコーダーで鳴らしている方が選んでこそ価値あるカナル型であることには違いないでしょう。MP3大好きっこは近づいちゃダメですよ!

K3003K3003i[ハーマンジャパン]

(武者良太)