心臓移植界に大革命! 脈打つ心臓をそのまま保存(血が苦手な方要注意:動画あり)

テクノロジーと医学の力だ!

心臓移植。過去40年もの間、摘出した心臓は冷凍保存されてクーラーボックスのようなものに入れられて、必要とされる病院まで輸送されていました。保存できる時間はおよそ6時間ほど。心臓移植なんて大掛かりなことの背後にあるのがクーラーボックスとはなんとも頼りないような。現在、このクーラーボックスの代わりに、摘出した心臓を凍らせることもなく、より自然な脈打つ状態で箱にいれて輸送するシステムが開発されています。

この方法を使えば、より長い時間心臓を保存することができるため、臓器を必要とする人の中でベストマッチな人物を選ぶ余裕もうまれます。さらに、保存時間が長くなると長距離の提供が可能になるという大きな利点があります。

現在はFDA(米国食品医薬品局)のテスト審査の段階ですが、近い将来医療現場に表れることになるのでしょう。実現すれば心臓移植界の大革命だと注目が集まっています。

[DVICE]

そうこ(Kwame Opam 米版