るんるんルンバに新しいファミリーが仲間入り!(動画・画像ギャラリーあり)

るんるんルンバに新しいファミリーが仲間入り!(動画・画像ギャラリーあり) 1

まいにちにこにこおそーじるんるん。その健気さにやられそう...。

2011年式ルンバ700型誕生祭(という発表会)に行ってきました。すでに北米では多くのご家庭でせっせと働いている最新ルンバが、とうとう太平洋を超えて日本にもやってきましたよ。ラインナップは末弟の「ルンバ760」、ちい兄の「ルンバ770」、ラオウな「ルンバ780」の3兄弟です。

110914-roomba04110914-roomba03110914-roomba02

「ルンバ760」はシングルセンサーなベーシックモデル。「ルンバ770」はダブルセンサーで小指大のゴミにも対応し、容器が満タンになるとランプでお知らせしてくれる機能つき。「ルンバ780」は770に加えて操作部がタッチパネルだし複数の部屋を順番にお掃除できるライトハウス機能がトッピング。さらに交換用ブラシがつきますよ。

ルンバのかわいいところは、やっぱりエッジクリーニングブラシという名前のおてて。壁際のホコリを巻き込んでデュアルパワーブラシという名のおクチへともってくその姿はこども王蟲ちっく。カバーで隠されているセンサー部を緑に塗りたくなります。

110914-roomba05110914-roomba06110914-roomba07110914-roomba08

あんよホイールはなかなか大型。普段は自重で沈み込んでいますがサスのストロークが長めで登坂力もバッチリ。畳の縁やカーペットなどはもちろん、2cmくらいの段差ならなんのそのと乗り越えちゃいます。

お父さんたちルンバ500シリーズと比べると、細かなステップでダイニングチェアの足周りもきれいに回り込んでお掃除してくれます。秒間60回以上も現在状況を判断し、40種類以上の行動パターンから最適なレレレノレを選び出す人工知能AWAREのおかげで、かなりアタマが良くなったという印象がありますね。でもかわいさ重視ならお安く出てくるであろう500シリーズに目を向けるのもいいかも?

お値段はオープン価格ですが、参考販売予定価格はルンバ760が6万4800円、ルンバ770が6万9800円、ルンバ780が7万9800円とのことです。家族の一員として、ロボペットとして迎えてはどうでしょうか。なお今度のCEATECの会場でアンケートに答えると、ルンバ700シリーズ携帯クリーナーがもらえるそうですよ。これがまた可愛いんだ!

しかしお掃除ロボット界も活性化してきましたねー。東芝のモデルも気になりますし、評価の高いNeato Roboticsの製品もそのうち日本にやってくるのでは。掃除機好き、ロボット好きとして楽しみです。

ルンバ700シリーズ[アイロボット]

(武者良太)