屋根をぶち抜いて空から落ちて来たのはキヤノンレンズでした

屋根をぶち抜いて空から落ちて来たのはキヤノンレンズでした 1

どういうことでしょう。

カリフォルニア州サンノゼに住むDebbie Payneさんは、突然家に大きな音が鳴り響いてびっくり。何が起きたのかと思ってみてみると、なんとそこには屋根を貫通して地面に落っこちているキヤノン24-105mmのレンズが! 連邦航空局の調査によりますと、どうやら飛行機からレンズが落ちたということですが、連邦航空局ですらレアで信じがたいケースと言っています。それにしても本当にぃ? 空からレンズだけぇ? カメラはぁ? どんな状況でぇ? これ本当に地球のカメラレンズぅ?

うぅむ、謎だな。

[Mercury News via PetaPixel]

そうこ(Sam Biddle 米版