リドリー・スコット監督の映画「モノポリー」に強力な脚本家のタッグが参加!

リドリー・スコット監督の映画「モノポリー」に強力な脚本家のタッグが参加! 1

リドリー・スコットと言えば、少し前にブレードランナーの新作を再び監督するという話がありましたが、映画「モノポリー」の方は2008年頃から計画されていたそうです。

それ以前にリドリー・スコットが映画「モノポリー」の監督をする! というだけでもちょっとした驚きなんですが、一方でユニバーサルの事業再編成で制作の打ち切りが噂されていたとか。まぁ、映画の世界では、よくある話ですよね...。

そういった噂を断ち切るため? なのか、最近になってこの映画に参加する脚本家2名が分かったそうです。その2人というのは、「エド・ウッド」、「ラリー・フリント」や「1408号室」などで有名な脚本家、スコット・アレクサンダーラリー・カラツェウスキーだそうです。強力な脚本家のタッグを迎え、リドリー・スコットの映画「モノポリー」の制作も大きく前進するんじゃないでしょうか。

でも、一体どんな「モノポリー」になるんでしょうかね。きっと、いい意味で僕らの期待を裏切ってくれるんじゃないかと期待しています!

photo by HarshLight

ボードゲーム「モノポリー」の映画化が再始動 - 監督はリドリー・スコット[マイコミ・ジャーナル]

(KENTA)