ダム反対のデモをグラフィティで

ダム反対のデモをグラフィティで 1

米国カリフォルニア州にあるMatilijaダム。建設から60年たったいま、ダムによってもたらされる利益よりも損益の方が大きいと開発者や環境保全運動家から声があがっています。そんな中、Matilijaダム廃止を叫ぶグラフィティが登場。こんなもんぶった切れ!とばかりに大きなハサミが描かれています。これ、どうやって描いたのでしょうかね。その制作現場を想像すると足がすくみます。ハサミでぶった切るように簡単に廃止はできませんが、わかりやすいメッセージですよね。どうやらとても評判がいいらしく、地域の担当者もこのグラフィティをしばらく消さずにそのまま残したいと考えているようです。

[LA Times]

そうこ(Sam Biddle 米版