飛び石vs神風。写真で見る太平洋戦争

飛び石vs神風。写真で見る太平洋戦争 1

米紙ザ・アトランティックの写真ブログ「In Focus」が第二次世界大戦の写真を20週連続で特集しています。第15回の今回は「太平洋」がテーマ

上の写真は1942年8月24日、ソロモン諸島沖で米軍のエンタープライズが日本軍の猛攻に遭った時のものなのですが、この時はフライトデッキ(飛行発着甲板)が何度か直撃され74名が死亡しました(この写真を撮ったカメラマンも死亡)。

飛び石vs神風。写真で見る太平洋戦争 2

これは1945年3月19日沖縄侵攻の際、本州沖で日本の急降下爆撃機1機に爆撃・炎上させられ、大きく傾く空母フランクリンです。乗っていた800名以上が死亡しました。

世界最大の海を挟んでの戦いは1942年後半から1945年前半まで続きます。1942年末までにインドからアラスカ、南太平洋の島々まで足場を築いた日本帝国軍に対抗するため、米海軍が採用したのは「island-hopping(アイランド・ホッピング飛び石)」という、いきなり要塞に攻め入るのではなく日本列島に至るルート上の戦略的に重要な島を1個1個攻めていく作戦です。

さらにダグラス・マッカーサーは「leapfrogging(リープフロッギング、蛙飛び)」という戦略を加えます。これは島Aを掌握したら、日本軍がいるBを飛び越してCを掌握し、Bへの物資・部隊の輸送と退路を絶って孤立させる作戦。

日本軍の抵抗は凄まじく、米・連合国側にも沢山の死傷者が出ます。が、島は1個また1個と陥落してゆき、1945年には硫黄島、そして沖縄に到達。沖縄82日間の戦いだけで日本軍約10万人、アメリカ軍約1万2510人、沖縄の民間人は推定4万2000~15万人の人たちが亡くなりました...。

 

 

110926direct-hit-plane.jpgのサムネール画像

米航空母艦ヨークタウンから5インチ砲を浴び、燃えながら墜落する日本の雷撃機(1944年10月25日)。

飛び石vs神風。写真で見る太平洋戦争 3

米PB4Yの爆撃を受け、煙を吐きながら墜ちてゆく日本の急降下爆撃機。米側パイロットWilliam Janeshek少佐の話によると、機上射手は脱出しようとしていたのだけど突然座して不動のまま海面に墜落・爆発したそうです(1944年7月2日、カロリン諸島)。

飛び石vs神風。写真で見る太平洋戦争 4

エセックスの甲板に突撃直前の神風特攻隊(

1944年11月25日、フィリピン島沖)。「彗星」でしょうか。

飛び石vs神風。写真で見る太平洋戦争 5

日本軍に発砲後、立ち昇る雲(1943年11月20日、ギルバート諸島マキン島)。

[In Focus]

JACK LOFTUS(原文/satomi)