RedBullがスポンサードする、炎をあげるサーファー。(動画)

炎をあげるサーファーって一体なんだろう?と思って動画を見たら、ほんとまんまでした。

サーフィンといえば、いかに高い波に乗るか、いかに長く乗るかが主な競いどころだと思ってました。RedBullサーフチームと滑るブルース・アイロンスはそこに火という新たな要素を追加しちゃいました。

炎があるからって、サーフィンの本質とは関係ない。馬鹿げたことだと思う方もいるかもしれません。でも見てるとかっこいいなーって思っちゃいます。真っ暗闇の中で滑っていても見る事ができますしね。

もう1つ、ブルースのすごい所は、この炎が出る装置を自作してるってことです。サーフィンが上手に滑れるようになった時、「これ火吹いたらかっこいいんじゃん??」って思ったんでしょうね。発想もさることながら、思うだけじゃなく実現してるのがすごいです。

もし、テニスの王子様にサーフィン編があったらこんな風になりそうですよね。

[Superpunch via The Daily What]

mio(米版