R.I.P. 郵便局? 米国郵便局事情

R.I.P. 郵便局? 米国郵便局事情 1

最後に手紙を書いたのっていつか覚えていますか?

米国の郵便局事情はかなり切羽詰まっているようです。今月末で米国郵便局は55億ドル(約4256億円)の債務不履行、この冬には完全にビジネス終了の最悪な状態に陥ります。これを食い止めるには、議会が大幅に投資するしか方法はないようですが。

NY Timesが報じたところによると、郵政公社総裁パトリック・ダナホー氏曰く、負債を少しでも減らすために、土曜日の配達を中止し12万人の職員をリストラ、3700店舗を閉鎖する予定があるそうです。その問題の負債額はというと、なんと92億ドル(約7119億円)人件費がかかるわりに、市場が著しく減少しているのがその理由。

予想では、今年1年間で郵便局を通る郵便物は1670億通、これは5年前と比べて22%も少ない数。2020年までには1200通以下になるだろうとの見通し。もっと早く減少して行くだろうと見ている人も少なくありません。確かに、Eメールならより速くより安くより簡単に手紙を送ることができますもの。今ではEメールすらも必要ない時もあるくらいです。

どうしても郵便でもらわないといけない郵便物って何がありますか? 毎月頼んでる雑誌? 請求書? 署名捺印がいる書類? お誕生日カード? それのどれもが、電子書籍、電子小切手、PayPal、Sign Itという署名用のアプリ等々にそのうちとって代わられていくのではないでしょうか。絶対に郵便でもらわなくてはいけない手紙は今まで以上に早いスピードで減少していくでしょう。

家族への手紙、ラブレター、商品カタログに、ダイレクトメール、時には不幸の手紙まで、そういったもの全てEメールに移っています。何度引越ししても変更がないEメールは楽なのです。

長年私たちの生活の中にいた郵便局の生き残る道は、これからはどこにあるのでしょうか。

[NY Times]

Image Credit: mjay/Shutterstock

そうこ(Casey Chan 米版