シベリアとアラスカを結ぶ世界一長い海底トンネルの建設へ! 超巨大プロジェクトがスタート

シベリアとアラスカを結ぶ世界一長い海底トンネルの建設へ! 超巨大プロジェクトがスタート 1

シベリアとアラスカを繋ぐベーリング海峡をトンネルで繋ぐプロジェクト! 

こんなものすごそうなプロジェクトを先日ロシア政府が承認したそうです。

建築費は約5兆円、トンネルの長さは約105kmで、イギリスとフランスを結ぶ英仏海峡トンネルの距離の2倍近く、完成すれば世界一の距離の海底トンネルになります。

そして、これが完成すればロンドンからニューヨークまでを鉄道で結ぶ事ができるようになるらしいのですが、残念ながら旅客向けの鉄道計画は今のところ無く、基本的には貨物輸送のために使われるようです(年間1億トンもの貨物を運べるようになるのだとか)。

ロシアの10ギガワット級の潮力発電と風力発電によるクリーンエネルギーな電力をコンスタントに提供することが可能になります。

トンネル自体の完成は15年はかかることが見込まれており、さらに電力の送電網と鉄道網の敷設はさらに長い時間がかかると思われます。

しかしながらこのプロジェクトによって、エネルギー業界に大きな変革をもたらす事になるでしょう。

15年以上か! 

でも今後のエネルギー問題から見ても、非常に期待したいプロジェクトですね。

あと、ヨーロッパ→シベリア→アラスカ→アメリカなんていう鉄道の旅もできるようになると素敵なんですけどね。

電車乗ってるだけで1ヶ月くらいかかりそうですが...。

[The Times via Inhabitat via Autoblog - Thanks, Keith]

mayumine(JACK LOFTUS 米版