あなたのTwitterでの実力はどれくらい? つぶやきでプライベートデリバリーを頼めるような大物ユーザーになってみたい!

あなたのTwitterでの実力はどれくらい? つぶやきでプライベートデリバリーを頼めるような大物ユーザーになってみたい! 1

結局は財力が物を言うのかもしれませんけど...

リッチな投資家のピーターさんは、ある日、会議詰めの忙しい1日を終えて、これから飛行機に乗って帰宅するという前に、お腹が減って減って、どうしても行きつけのMorton'sのステーキハウスのステーキが食べたくなっちゃって、その気持ちをダイレクトにTwitterへジョーク交じりにツイートしておきました。ごく自然につぶやいただけなので、もう本人は2時間半のフライトが終わって空港に着く頃には、そんなツイートをしたことさえ忘れていたのですが。

いつものように空港にはドライバーが迎えにきていて、私の名前を記したプラカードを掲げて待っていたのですが、なんか隣に見慣れぬタキシードに身を包んだ男性が立っているではありませんか。しかも、Morton'sのロゴ入りバッグを抱えていて、中には喉から手が出るほど欲しかったステーキセットが!

いやいや、上お得意客のピーターさんのツイートを逃さずチェックして、すかさずタキシード姿のウェイターを到着空港に向かわせてはサプライズの演出をしてみせるところが、なんともアメリカンな心の広さを感じさせますよね。ちなみにピーターさんは、この時のMorton'sのステーキほど美味だったディナーはないなんて語っていて、もう一生忘れられない思い出のエピソードとして語り継がれていきそうですよ。

ちなみにTwitterでのフォロワー数が優に10万人を超えるピーターさんは、実業家として名を馳せる有名人でして、ボクなんかが「腹減ったし空港に着いたら○○を食べたいんで届けといてね」なんてツイートしたって、きっとだれも応じてくれたりしないでしょう。Twitterのつぶやきでプライベートデリバリーができちゃうような人は、やっぱりよほどの大物だけなんじゃないかな?

Consumerist

Casey Chan(米版/湯木進悟)