新たな本人確認の手段に足跡解析技術を導入の可能性...

新たな本人確認の手段に足跡解析技術を導入の可能性... 1

歩き方って人それぞれに特徴があるんですってね...

信州大学のトッド・パタキー助教授の率いる研究チームの発表で、地面に残された足跡を3D解析することで99.6%もの高精度にて本人確認ができちゃうことが明らかになりましたよ。指紋認証、虹彩スキャン、音声認識などなど、数あるバイオメトリクス認証方式に将来的には驚きの足跡認証システムが加わる可能性も高いそうですね。

同研究チームの実験は、あくまでも現時点では裸足で歩いた場合に限られていますが、足のサイズから体重のかかり方に至るまで、あらゆる分野で総合的に解析されたデータから、その足跡はだれのものかを実験に参加した104名の中から正確に割り出すことができたとされています。これから靴を履いた時の認証精度アップが目指されるみたいですよ。

あらかじめ自分の歩き方のパターンを登録しておくと、建物の入り口や空港のセキュリティーチェックレーンなどを通過する足跡分析で瞬時に本人確認ができる仕組みでして、もしかすると意外と早期の実用化がなされるかもしれませんよね。ただし、歩き方を意図的に変えるだけで、本人ではないとの認証を行なわせることは簡単なようですよ。自分の歩き方にはどんな特徴があるのか、あまり普段は意識してないだけに興味もありますね~

Discovery

Kelly Hodgkins(米版/湯木進悟)