Windows 8 のエクスプローラーのUIに「リボン」採用、なんかゴチャゴチャしている...

20110901exp.jpg

注目のWindows 8はかなり期待できそうなのですが(この記事からWindows 8のおさらいができます)、マイクロソフトが公開した新しいエクスプローラーのユーザーインターフェース、機能的かもしれないけど、なんかすっごいゴチャゴチャしていませんか...? 

この「リボン」導入について、マイクロソフトによると、

エクスプローラへのリボンの導入を歓迎しないパワーユーザもいるかもしれませんが、リボンの搭載には以下のような利点があります。

現在のインターフェイスで使用するにはサードパーティーのアドオンなどを必要とする隠れ機能が、ツールなしで表示されるようになる。

リボンの操作にはキーボードショートカットが利用できる。

ユーザインターフェイスのカスタマイズがツールバーから行える。Windows XPで行えたようなカスタマイズが可能。

マイクロソフトは、Windows 8とエクスプローラーのUIを再設計すると宣言していて、確かにこの「リボン」UI導入はより便利になるかもしれませんし、基本的にはナビゲーションの操作は特に変わったわけでもありません。

エクスプローラーUIのトップにアイコン達が雑然と並んでいますが、ドロップダウンメニューもスクロールボックスもタブもきっちり残っていますね。

何でもかんでもUIに含んでしまうという考え方もアリかもしれません。

マイクロソフトによれば、実績データをもとに必要なものを全て搭載したとのことですが、やっぱりわかりやすいデザインとは言えない気が。

ちょっとこれは過剰なんじゃないかと思うわけです。

うーん、どうなんでしょう。 

[MSDN,ライフハッカー]

mayumine(米版