【 ドコモ新製品発表会 】dの衝撃! ポータルサイト「dmenu」とコンテンツマーケット「dmarket」がスタート(写真ギャラリーあり)

111018docomo_d_00.JPG

ドコモが本腰入れてきましたね。

今日行われた新製品発表会では、Android向けに2つのサービスを立ち上げることが発表されました。1つ目はポータルサイトの「dmenu」。さしずめスマートフォン用のiモードといったところでしょうか。

111018docomo_d_01.JPG

CP(コンテンツパートナー)の数は約700社、約3600サイト。11月中旬スタート。

111018docomo_d_02111018docomo_d_03111018docomo_d_04111018docomo_d_05111018docomo_d_06111018docomo_d_07

CPの中から、バンダイナムコゲームスの方とイマジニアの方が登壇して、dmenuコンテンツの紹介をしていました。フィーチャーフォンで培った技術をスマホにも活かしていくようですね。

111018docomo_d_08.JPG

そして、もう1つがコンテンツマーケットの「dmarket」。VIDEO、MUSIC、BOOK、APPLIの4カテゴリで編成。こちらも11月中旬ローンチ予定。

111018docomo_d_09111018docomo_d_10111018docomo_d_11111018docomo_d_12111018docomo_d_13111018docomo_d_14111018docomo_d_15

VIDEOストアは国内外の映画、ドラマ、アニメ、音楽、BeeTVなどのラインナップ。約5000タイトル/約2万エピソード、月額500円で見放題。

MUSICストアは約100万楽曲、105円~525円/曲。

BOOKストアは集英社・角川グループ・講談社など大手がコンテンツを提供。コミック・文芸書・実用書などが約3万タイトル。価格については触れられていませんでした。

APPLIストアはドコモによるアプリレビューサービス。厳選したアプリを様々な切り口で紹介していくとのこと。

111018docomo_d_16.JPG

「dmenu」と「dmarket」は2011-2012冬春モデルから搭載され、ホーム画面のアイコンからワンタッチで起動できるようです。

111018docomo_d_19.JPG

それから、ドコモのフィーチャーフォンではおなじみの「iコンシェル」もスマホに対応します。地図や乗り換え案内などのアプリと連携して行動支援をしてくれるそうですが、ローンチは2012年3月とだいぶ先のお話。

ドコモってAndroidに対してどこまで本気なの?と思っていたんですが、今日の発表内容を見る限り、今までの経験を活かしてどんどんサービスを追加していく方向性みたいですね。ドコモはAndroidのさらなる普及にかなり本気と見ましたよ、これは。

(松葉信彦)