恐ろしくも美しい小さな世界 Nikonマイクロフォトコンテスト

恐ろしくも美しい小さな世界 Nikonマイクロフォトコンテスト 1

美しさにサイズなんて関係なかった。恐ろしさにサイズなんて関係なかった。

Nikonが毎年開催するフォトマイクログラフィー写真展Small World。科学者や写真家が共に小さなちいさなチイサナ世界を映し出します。トップ画はIgor Siwanowiczドクター撮影のクサカゲロウの幼生。

恐ろしくも美しい小さな世界 Nikonマイクロフォトコンテスト 2
Pekka Honkakoski(フィンランド)

雪の結晶に赤と青のライトがあたったところ。

恐ろしくも美しい小さな世界 Nikonマイクロフォトコンテスト 3
Wim van Egmond(オランダ)

魚等につく寄生虫。

恐ろしくも美しい小さな世界 Nikonマイクロフォトコンテスト 4
Thomas Deerinck(カリフォルニア州)

HeLa癌細胞。カリフォルニアのLa JollaにあるNational Center for Microscopy and Imaging Researchで撮影されたもの。300倍。

恐ろしくも美しい小さな世界 Nikonマイクロフォトコンテスト 5
Walter Piorkowski

ハエトリグモ。

あまりにズームで見ると、なんだか絵みたいに見えてきます。ネタ元にはまだまだありますよ。ミクロの世界が好きな方、是非どうぞ!

[Nikon Small World via The Atlantic]

そうこ(Kwame Opam 米版