初臨床でなんと90%に免疫! エイズ撲滅の期待高まる新ワクチンMVA-B

1111015AIDS.jpg

スペインで新HIV予防ワクチン「MVA-B」初の臨床が行われ、第I相臨床試験では投与したうちのなんと90%に免疫応答が現れるという嬉しい結果に! エイズ撲滅の特効薬になるのでは...と期待が持たれています。

試験を行ったのは、1999年からこの新治療法の研究を行なっているスペイン科学研究高等会議バイオテクノロジー国立センターのDr.マリアノ・エステバン(Mariano Esteban)率いるチーム。

投与した「MVA-B」は、改変ワクシニアアンカラ(Modified Vaccinia Virus Ankara;MVA)の変種を弱毒化したものです。

MVAはその昔天然痘を根絶するのに使われていたワクチンで、他のいろんなワクチンのベースにも使われているものですね。「B」は、欧州で最も多いHIV亜型のHIV-BからとったB。

Dr.エステバンのチームではこのMVAの遺伝子配列にHIVの基本遺伝子(Gag、Pol、Nef、Env)を挿入したんですね。こうして得られたHIV撃退ワクチンを2008年にマウスと猿に投与した時には完全な成功を収めています。

人体での実験も結果は上々

今回行った初の臨床実験の結果は「Vaccine and Journal of Virology」に掲載中。

実験ではHIVにかかっていない志願者30人のうち24人にこのワクチンを注射し、残り6人にはプラセボ(偽薬。ワクチンの入ってないただの液)を注射しました。

後者6人にはなんの効果も現れなかったのですが、ワクチンを投与したうち90%の志願者の体にはかなり強いHIVウイルスへの免疫反応が現れ、85%の人はこの免疫応答が最低1年以上もったというんですから、すんごいグッドニュース!

この臨床では副作用が出ないことも重要なポイントだったんですけど、報告によれば副次的効果が強く現れた患者さんはいなかったそうです。

 

111010dr-esteban.jpg
これだけ明るい結果にも関わらず、Dr.エステバンは慎重姿勢を崩していませんよ。



「実験参加者はたった30人ですからね。(ワクチンで)強い反応が引き起こされるケースがほとんどでも、それが本物の(HIV)感染撃退に効果があるかどうかは時期尚早でまだ何とも言えませんね」(Dr.エステバン)

早速チームではもうひとつの第I相臨床試験に着手しました。今度はHIVに感染した人たちが対象で、目的はワクチン投与で患者の治療にプラスな効果が得られるかどうか調べること。

「原理上は、MVA-Bの免疫学的プロファイルは、有望なHIV撃退ワクチンの条件を満たしているんです。抗体生成にしても、ウイルスから体を守る上で重要な役割りを果たす細胞の活性化にしてもね」(Dr.エステバン)

まあ、商用化はまだずーーーーっと先の話になりそうですけどね。第II相、第III相の臨床も行って、もっと大勢の志願者にワクチン投与してから本物のHIVを投与するなんてこともやってからじゃないと市販は無理なので...。でもいつかあの憎たらしいHIVがこれで根絶される日が...くるといいなあ。

[CSIC--In Spanish]関連:HIV感染防止に効果を発揮するHIV予防ワクチンついに登場か???!! - 血液の鉄人

JESUS DIAZ(原文/satomi)