ポタリングに対応したサイクルナビゲーション「ポタナビ」がPioneerから発売

ポタリングに対応したサイクルナビゲーション「ポタナビ」がPioneerから発売 1

これと一緒にポタリングしたい~!

ポタリングっていうのは、「自転車でぶらぶら散策」すること。最近は空前の自転車ブームですが、みんながみんなストイックなレーシングバイクに乗っているわけじゃないですよね。そんなゆったり自転車を楽しみたい人向けの新製品がPioneerから発売されるというので、記者発表会に行ってきましたよ。

その製品が、自転車専用サイクルナビゲーション「ポタナビ(PotterNavi) SGX-CN700」。通常のサイクルナビのようなマップナビモードや周辺検索機能に加え、タイムサークル表示という機能を搭載しています。これが自転車で散策するポタリングに役立つんですんです。その内容はというと...記事の後半で。

ポタリングに対応したサイクルナビゲーション「ポタナビ」がPioneerから発売 2

111025pioneer03111025pioneer04111025pioneer05111025pioneer06111025pioneer07111025pioneer08111025pioneer09111025pioneer10111025pioneer11111025pioneer12111025pioneer13111025pioneer14111025pioneer15111025pioneer16

カラーリングはホワイトとブラックの2色。バッテリーは最大10時間使用可能とのこと。しかも、耐振・防塵・防滴設計。正直言ってナビ機能については最近のスマホで代用できる機能も多いですが、このあたりの屋外使用を想定した堅牢なつくりはうれしいですね。さらに、2.4型半透過型カラー液晶で日光下でも視認しやすいのが特長です。また、グローブをしていても本体を傾けるだけで操作できるように加速度センサーを搭載しています。

ポタリングに対応したサイクルナビゲーション「ポタナビ」がPioneerから発売 3

そして、上の図のようにタイムサークル表示では「時間を決めて散策したい」「日没までに帰りたい」などのスケジュールに合わせて、設定時間内に往復可能なゾーンを円形グラフィックで表示します。時間がたつごとに円が小さくなっていくので、その円の中に目的地があれば大丈夫というわけです。

購入から2年間無料で通信可能な通信モジュール(NTTドコモの回線を使用)を内蔵。自動で定期的にデータをアップロードして、Web上で楽しむことが可能です。ちなみに2年以降の通信料金は未定とのこと。

ポップアップナビモードでは、人気スポット情報や天気予報などを自動受信してポップアップしてくれるんです。このあたりは通信モジュールを内蔵している「SGX-CN700」ならでは。

また、おもしろいところでは「ダイエットモード」という機能があります。ペダル回転数(ケイデンス)に応じて画面内のキャラクターの動きが変化。適正なケイデンスを保ちつつ、消費カロリーをチェックすることができるんです。音も鳴るので、画面を見なくても状態が分かります。

2012年2月発売予定で想定価格は4万円前後とのこと。11月に開催されるサイクルモードでも展示されるそうです。

なお、パイオニアといえば洪水によるタイ工場の深刻な被害が心配されていますが、質疑応答ではそれについても触れられました。先行きが不透明な状況は変わらずで、部品、特にHDDが問題とのこと。代替生産場所での生産など、影響を最小限にとどめる努力をしているそうです。

パイオニアさん、がんばって!!

ポタナビ(サイクルナビゲーション)[パイオニア]

(松葉信彦)