食卓塩でHDD記憶容量を6倍アゲる術

食卓塩でHDD記憶容量を6倍アゲる術 1

従来のハードドライブは容量も天井を打ちつつある...ディスクにもうこれ以上データを詰め込むことは物理的に不可能...と言われる中、なんとなんと食卓塩で容量がいきなりアップできることが判明しました!

この画期的手法を発見したのは、シンガポール科学技術研究庁IMRE(Institute of Materials Research and Engineering )研究員のジョエル・ヤン(Joel Yang)博士。

今のデータ保存技術では、不均等に散らばるナノスケールの磁性粒子(1個の幅は約7nm)の塊にデータを1ビットずつ保存しています。だから保存密度はどれだけ詰めてもディスク1枚当たり最大約1TB(テラビット)が限界です。

  

でも塩化ナトリウム(Sodium Chloride、NaCl、早い話が食卓塩)を既存のナノリソグラフィー工程で使う溶液に混ぜ混ぜしてやると、情報1ビットを複数の粒子の塊ではなく、10nmの粒子1粒に保存することが可能なのです。

粒の横幅はちょこっと増えるけど粒1個で済むので、保存密度は平方インチ当たり3.3TBまでいける...つまりドライブ1枚当たり最大約18TBまでガッと押し込める、というわけ。

Yang博士は最初とりあえずドライブ容量を6TB/sq inまで拡張するところから始め、将来的には平方インチ当たり10TBという未曾有の容量実現を目指す方針です。10TB/sq inというと内蔵ストレージに置き換えるとざっと54TBですがな!

いやあ...すごいのはわかるけど50TBって‥.ポルノ以外にそれだけ容量食うもの持ってる人なんているのかな...僕は持ってないぞ...。

写真:左は1.9Tb/inch2、右は3.3Tb/inch2の密度を電子顕微鏡画像で覗いてみたとこ。

[Institute of Materials Research and Engineering via Physorg via Geek.com]関連:塩をひとつまみ加えてハードディスクの容量が18テラバイトに - TechCrunch Japan

ANDREW TARANTOLA(原文/satomi)