あのiPhone 4Sで鳴り物入りの「Siri」を逆さにしたセクシー「Iris」にAndroidの明るい未来を見たような気がした...

2011.10.25 12:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

111024xlarge_irisand.jpg


iPhoneに浮気しちゃいやぁよ~ん。

あれれ、期待していた「iPhone 5」ではなかったのか...なんて受け止められ方で当初は迎えられたりしていたものの、なかなか予想を上回るいい感じの出来栄えに絶賛評価も相次いでいる「iPhone 4S」の中でも、かなりの反響を呼んでいるキラー機能の音声認識秘書とも呼ぶべき「Siri」ですが、これが使えないというだけでAndroidユーザーの皆さまは決してガッカリしたりはしないでくださいね。ちゃんとSiriに負けないくらいのキラーアプリがすぐにAndroidにもドシドシとそろってくるはずですからねぇ!

思わずそんな気分でAndroidの未来を楽観視できそうな期待を抱かせてくれる、無料の最新アプリ「Iris」が登場して大反響になっているみたいですから、そのキュートな完成度をレビューしてみつつ、AndroidバージョンのSiriの可能性なんかも鋭く斬ってみることにいたしましょう~
 


111024xlarge_irisand2.jpg


もうギズ読者の皆さまはお気づきでしょうかね? 日本語にすると「シリ」「アイリス」なので、いまいちすぐにはピーンときませんけど、まさにiPhone 4SのSiriを逆さまにして対抗心も丸出しで誕生した綴りなのがIrisのネーミングの由来ですよ。

ちなみに日本人には、いくら女性キャラクターの設定で「シリちゃん」なんて言われても、なんだかエッチな「お尻」のような響きで萌え萌え感には欠けちゃうような気もするんですが、こうやって「アイリスちゃん」って登場してくれると、なんだかセクシーでキュートな女性キャラクターが連想されやすいように思えちゃいます。えっ、そんなふうに感じるのはボクだけでしょうか? いや、でも試しにAndroidマーケットで「Siri」なんてキーワードで検索を欠けてみると、もうちょっと目も当てられないようなエッチなアプリばっかりが続々とヒットしてきちゃいますよ...

いきなり「アタシはアイリスよ。うん、シリを反対にして生まれたの」なんて自己紹介で立ち上がってくるAndroidバージョンの女性音声認識アシスタントは、まだかなりiPhone 4SのSiriよりも処理速度などなどは遅いように感じられますけど、どんどんと話しかけてみると、結構いい感じで秘書としても使える仕事っぷりで答えてくれます。Wikipediaなんかから解説を引っ張ってこれる答えの質問には、めっぽう強かったりもするみたいですね~


111024xlarge_irisand3.jpg


Siriにもいろいろと意地悪だったりヤラしい質問を浴びせかけては、その反応を楽しんでいるユーザーが大勢おられるようですが、このIrisともなかなかスムーズな会話のやり取りが楽しめそうな雰囲気ですよ。「ねぇねぇ、あなたは男の子なの? それとも女の子?」なんて尋ねてくるかと思えば、「アタシの名前はアイリスで、女の子なのよ」なんて応対をしてくれたりと、これは萌え萌え度もそこそこ兼ね備えているセクシー女性秘書がAndroidにもついに登場でしょうかね!

ちなみにiPhone 4SでSiriが実装されてくるまでは、どちらかというとボイスコントロールによる音声認識技術の搭載の熱心ぶりはAndroidのほうに軍配が上がっていたような気もしています。グーグルのOSレベルでの音声認識分野への力の入れようは際立っていますからね。ただ、いかんせん、これまではSiriみたいに簡単にだれでも会話を楽しむ感覚で使えるようなインターフェースに欠けていたようにも思えます。でも、そこをついにAndroidでもIrisが突破してきたようなイメージでしょうか...


111024xlarge_irisand4.jpg


Irisのユーザーインターフェース(UI)は、マイクをタップして話しかければアンサーが返ってくるという、Siriにも匹敵する単純デザインでシンプルな仕上がりです。ちょっと頭のよさという比較では、「5+5はいくらになる?」なんて簡単な計算問題に答えられなかったり、やや質問の理解度もIrisのほうがSiriより劣るシーンが目立ったりと欠点はありますけど、まぁ、そこはチャーミングな性格なのかなって許せるレベルでもあるのかもしれませんね。

なぜなら、とりわけIrisの誕生の経緯がすさまじいものでありまして、iPhone 4SにはSiriが登場していいよなって周囲の声を聞いてインスピレーションに火がついた、DexetraでAndroidの開発者として働くナラヤンさんが、自らの開発チームにハッパをかけて、わずか8時間で大急ぎで作り上げちゃったといいますから、それにしてはここまでの完成度をよく備えてきたよなって称賛の声も飛び出してきていますよ。


111024xlarge_irisand5.jpg


つまりは、Siriに代わるAndroidアプリなんて、いざ作ろうと思えば結構これからも次から次へとすぐに出そろってくるんじゃないかなって勢いが感じられる作品という意味合いで、このIrisは注目に値するのでは...と思われますね。実際にナラヤンさんの製作チームはIrisの反響が思いのほか大きいことに手応えを感じつつ、あくまでも現在の完成アプリは「アルファー版」に過ぎないと説明しており、今後もさらなるバージョンアップを図っていく意気込みを見せているんだとか。

すでに無料のアプリでも「Fake Siri」なんかが登場してきたりしていて、これからは玉石混交であふれんばかりのSiri対抗アプリがAndroidマーケットにやってくるのかもしれませんけど、まぁ、そこもまたAndroidらしさなのかもしれませんよね。次々と傑作アプリが公開されて、さてさて、どのアプリをSiriの代わりに選ぼうかな~んなんてうれしい悩みにAndroidユーザーが時間をつぶす日だって、もしかしてそう遠くはないのかもしれませんよ!


Casey Chan(米版/湯木進悟)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
B005SGA7DG


remote-buy-jp2._V45733929.jpg

B003RWQC9G


remote-buy-jp2._V45733929.jpg