1つで3役、ポケットプロジェクターにもなって予備バッテリーにもなるiPhoneケース「monolith」

1つで3役、ポケットプロジェクターにもなって予備バッテリーにもなるiPhoneケース「monolith」 1

これは欲しいかも? 便利かも? 

Monolith」は、1つで3役、ポケットプロジェクターにもなり、予備バッテリーにもなって、iPhoneカバーとしても使えます。iPhone 4専用ですが、iPhone 4Sで使えるかどうかは検証中とのこと。

このケースは日本のセンチュリー社から発売開始、輝度が12ルーメンで、コントラスト比は1,000:1、投影サイズは最大60インチ(16:9)で解像度は640×360ピクセル、投影可能時間は約3時間です。さらに、1900mAhの内蔵バッテリーでiPhone 4は1.5回弱ほど充電できるのも便利ですね。

保存している動画・写真を投影可能で、Youtubeにも対応しています。プレゼンで使ったり、パーティの場で写真や動画を投影したりできるのは中々楽しそうです。

色はブラックかホワイトで、19800円。

ポケットプロジェクター&予備バッテリーとしてはお手頃価格かも。

iPhone 4Sで使えるといいな...。

[iPhone4専用 充電機能付き ポケット プロジェクター「monolith」, TechCrunch]

mayumine(米版