デザインが可愛いすぎるシンセサイザー「OPー1」に恋をした。(動画あり)

デザインが可愛いすぎるシンセサイザー「OPー1」に恋をした。(動画あり) 1

発表より2年の年月をかけて開発されたTeenage Engineering社のシンセサイザー「OPー1」

発表当時に、近況報告をしてくれるメーリスに登録するほど目をつけていたんですが、今巷で大人気だそうで在庫切れが続出しているようですよ。何せこのデザインですからねぇ。

...そう、このデザイン! 昔からシンセサイザーと言えばデザインが割と無機質だったりミニマルだったりしますが、OPー1は白を基調としたボディに映える、随所に散りばめられたカラフルなノブやボタン、ディスプレイのユニークなアニメーション、など遊び心が満載。しかも機能も盛りだくさんと言うんですから、人気がでないわけがありません。

デザインが可愛いすぎるシンセサイザー「OPー1」に恋をした。(動画あり) 2

0909teenage10909teenage20909teenage30909teenage4

それでは機能を見ていきましょう。

音源は7種類(FM、String、Pulse、Cluster、Digital、Phase、Dr Wave)、更にエフェクターは5種類(Delay、Grid、Phone、Punch、Spring)が収録されていますよ。ほかにサンプラー機能レコーディング機能ステップシーケンサー機能とこの小さなボディに豊富に詰め込まれてます。

sonicstate.comの彼もビデオの中で言ってますよ。

799ユーロって結構高いよね。でも使いたくなるデザインだったり機能だよね。え、必要かって? わからないな。欲しいかって? もちろんさ。

うーん799ユーロは高いですが、僕は欲しいですねぇ。

[

Synthtopia,

Teenage Engineering]

(河原田長臣)