なぜロシアではいまだに無人偵察機が配備されないのか...(動画)

華麗なる大失敗を繰り返しつつ...

無人飛行機のUAVの開発は決して簡単ではないようですね。つい先日は中国がプレデターそっくりな「天翅」を原因不明の事故で失ってしまったスクープも届いてましたけど、こちらの動画は、やや古いですがロシアが開発を進めていた「Vega Stork」のデモンストレーション飛行の時の撮影です。いまだにロシアではUAVの完成に至らず、配備が進んでいないんですよね。

なんとなくスタートは順調だったようにも見えますが、すぐに滑走路でふらつき始めて何度か離陸までに機体が大きく不安定に揺れちゃってます。そしてなんとか離陸はしたものの、あっという間に墜落→爆発→炎上という悲惨な失敗劇をたどってしまいましたね。いろいろ最新技術を結集させて築かれた努力の結晶が、跡形もなく燃え上がってロシアのUAV開発が大幅な遅れを取っている要因が示されているような感じです。

ちなみにロシアでは現在も急ピッチでUAVを完成させるべく地道な開発努力が傾けられており、最新の「Vega Ray」の配備に向けて動いているみたいですよ。今度は墜落しないといいんですけどね~

FlightGlobal via sUAS News

Sam Biddle(米版/湯木進悟)