この冬、温かいソフトクリームはいかが? 金沢の食品開発会社が開発に成功!

この冬、温かいソフトクリームはいかが? 金沢の食品開発会社が開発に成功! 1

ソフトクリームというと夏に食べるもの...というイメージが強いんですが、金沢にある日本海藻食品研究所という食品開発会社が、温かい場所でも型崩れすることがないソフトクリーム「ホットソフトクリーム」を開発したそうですよ。

見た目はまるでソフトクリームのようですが、ホットソフトクリームなので出来てすぐだと湯気が立つそうですよ。また、放置していても形が崩れたりすることがなく、電子レンジで温め直せば、またホカホカになるそうです。食感は洋菓子というよりは、和菓子のような感じだとか。

この会社は、他にもユニークな食品を開発していて、「溶けにくいソフトクリーム」や「溶けにくいかき氷」も開発しているそうです。

この冬、温かいソフトクリームはいかが? 金沢の食品開発会社が開発に成功! 2

これらのユニークな食品の秘密は、「おから」にあるそうですよ。同社は豆腐製造時にできる副産物の「おから」を有効利用するため、添加物や化学抽出媒体を使用せずに、無添加処理技術で、無味無臭の超微粒子おからペーストを開発したそうです。これをベースにして、ユニークな「溶けにくいソフトクリーム」や「溶けにくいかき氷」や「ホットソフトクリーム」が開発されたようですね。

なお、「溶けにくいソフトクリーム」は同社のHealthy Labというお店で実際に食べることができるそうなので、金沢に行く機会があれば、是非とも食べてみたいです。

温かいソフトクリーム「ホットクリーム」-金沢の食品開発会社が開発[金沢経済新聞]

溶けにくいソフトクリーム[日本海藻食品研究所]

(KENTA)