シブすぎて魅力が伝わりにくい小型デジタルアンプ

シブすぎて魅力が伝わりにくい小型デジタルアンプ 1

この色を見て一発でアルテックグリーンだとわかった人は、かなり名のある人と見た...!

ここ数年のアルテックランシングはiPod専用スピーカーばかり作っているライトなメーカーというイメージが強いのですが、実はウェスタン・エレクトリックの元スタッフと、JBLを立ち上げる前のジェームス・B・ランシングが手がけた由緒正しいオーディオメーカーなのです。

そのアルテック製品によく使われていた色がグリーン。後のJBLブルーと共に、「いつかは自宅に飾りたい」色として有名だったんですよね。

話が長くなりました。今日の本題はこちらのバード電子の「デジタルアンプ(VR付)」。メタル製のケースに硬質で革の素材感を出すレザートーン塗装で、往年のアルテックランシングの雰囲気を醸しています。でっかいツマミも、50's、60'sの機器らしさがあってGOOD!

乾電池で駆動。ヘッドホンアンプとしても使えますし、左右のボリュームを2つのツマミで調整できるから、設置場所が限られるPC用スピーカーを鳴らすのにもぴったり。デジタルアンプなので明瞭感も高いですよ。

111012-DJ9-2-350111012-DJ9-3-400

デジタルアンプ(VR付)[バード電子]

(武者良太)