バースコントロールピル飲む? 飲まない? この選択で安定した結婚生活か刺激のある性生活かが決まる!

バースコントロールピル飲む? 飲まない? この選択で安定した結婚生活か刺激のある性生活かが決まる! 1

セックスが全てじゃないと思うの。でも、じゃぁセックスいらないかって言われるとそれも違うと思うの。

さて、なんかギズっぽくないタイトルではございますが...。

バースコントロールピルの登場は女性の性生活に大きな革命をおこしたと言えるでしょう。そのピルに関して新たな研究結果が。どうやらピル服用中の女性は、信頼できる落ち着いた男性に魅力を感じるというレポートがでました。さらに、ピル服用中に出会った男性と結婚した女性の場合、被服用時に出会った男性と結婚した女性よりも、結婚生活が平均で2年以上長持ちしているというレポートもで! ピル服用は避妊だけでなく、素敵な結婚相手を探すのにも一役かっている、ということでしょうか? がしかし、何を持って素敵な結婚相手なのかによって全然違うお話に。

スコットランドにあるスターリン大学の研究室が2519人の女性にアンケートを実施したところ、全員1人以上子供がおり、女性の半数が相手の男性と出会った時にピルを服用中だったということ。出会った時ピル服用中だった女性の方が結婚生活に満足している、それと同時に性生活には満足いっていないと答えた人が多かったのです。

ピル服用時はホットでセクシーなタイプよりも、一緒にいて落ち着ける信頼できるタイプに魅力を感じ易くなります。科学者達曰く、ピル服用時は男性への性的魅力を探るための女性のホルモンレーダーがオフになるそうです。バースコントロールピルは私たちをエッチな気分にさせてくれるホルモンの働きを規制します。そのホルモンは後世によりよい子孫を残すための相手を探すという働きの一部を担っています。より健康な子孫を残すためには、自分とは違ったタイプの人がいいのだそうです。自分と正反対の人に魅力を感じる人が多いのにはこんな理由があったのですね。が、ピル服用中はその正反対の人に魅力を感じるホルモンレーダーがオフになる。

正反対タイプの人=より健康な子孫を残せる可能性アップ、しかし同時に正反対タイプの人=衝突が多いので離婚が多いということのようです。ピル服用時は同じタイプの人に魅力を感じるため衝突も少なく、その結果穏やかで長い結婚生活が待っています。が、ホルモンレーダーオフの時に選んだ男性はやはり性的魅力がいまひとつ。だからセックスもいまひとつ。夜がいまひとつ。アレがアレでいまひとつ。

素敵な結婚相手に求めるのは楽しいセックスか、それとも安定した生活か。全てを手に入れたいなんて、贅沢な話なのでしょうか。

[The Guardian]

Image: Shutterstock/Lana K

そうこ(Kristen Philipkoski 米版