スペインの博物館には交尾中のT.レックスがいる

スペインの博物館には交尾中のT.レックスがいる 1

ヨーロッパってなんでもアリでいいな。飲酒可能年齢も低いし、ヌードビーチもあるし、ゆったりしたライフスタイルで、博物館行くと恐竜がセックスしてるんですから...

そう、情熱の国スペインはアストリアス・ジュラシック博物館(MJAS:Museo Jurasico de Asturias)に行くと、なんとティラノサウルスレックスの「交尾」再現コーナーがデーンとあるんです、はい。こんな大きいんじゃ遠足の園児も避けようがないですよね!

Redditユーザーが最近見つけて「なんなのだこれは!」とネットで話題騒然のものですけど、MJASではずっと前から話題の中心だったみたい。因みにMJASは8000個を超える化石を擁する博物館で、うち200個は恐竜、クロコダイル、魚、カメです。

この交尾中の恐竜はレプリカで、体位も単なる想像...。

 想像の割には描写が写実的ですけど、現実にT・レックスが交尾をどうこなしたのかは誰にも分かってないのです。その姿勢のまま残った化石もないし、ましてや絵も写真も動画も残ってないですもんね。

どうでしょ? ちょっとこの姿勢じゃT-Rex女子の尾っぽがT-Rex男子の顔にベシッと当たりそうで怖い気がしますよね...これがスペインの想像力の限界でしょうか...。

いやしかし、アメリカの博物館も上品ぶってないでこれぐらいして欲しいものですね。この展示のお陰でMJASは僕の「行きたい博物館」ランキング(今つくった)でトップ急浮上です!

[Reddit]

CASEY CHAN(原文/satomi)