iPhone 4Sで撮影した写真をネットにアップ。1番早かったのは誰?

iPhone 4Sで撮影した写真をネットにアップ。1番早かったのは誰? 1

かなりの強者ですよ。

ネット上でナンバーワンを目指すのは難しいものです。だって、何人いるかもわからない敵(?)が世界中にいるわけですからね。1分1秒が命取りになります。この秋1番の注目ガジェットと言えばもちろんiPhone 4S。そのiPhone 4Sで撮影した写真を世界で最初にネットに上げた強者は誰なのでしょうか? 探すのはけっこう大変だったようです。Flickrのように探し易いものから、Facebookのように探すのはほとんど不可能なものまで、米Gizのマット記者が探してきてくれました!

Flickr

トップの写真がFlickrの初4S写真。Flickrはユーザーがどんなカメラを使っているのかを探るために、EXIFデータを読み取っています。それをたどっていくと簡単に探ることができます。が、最初の写真はAppleが撮影したもの。Appleが参考画像としてリリースしたものをダウンロードして再度アップしているものばかり。それらを除外した最初の4S写真はこちら。とあるブロガーJohn Gruberさんが撮影した駐車場の写真。iPhone 4S発売前に試し取りする機会があったようです。

iPhone 4Sで撮影した写真をネットにアップ。1番早かったのは誰? 2
Instagram

Instagramは基本iPhoneオンリー。そこでInstagramにどれが4S初写真か尋ねてみたところ、これ。これはAppleのマーケティング担当Phil Schiller氏が撮影したもの。約5週間前に撮影してアップされています。

iPhone 4Sで撮影した写真をネットにアップ。1番早かったのは誰? 3
Picasa

PicasaはFlickr同様にEXIFデータをチェックしています。わかるかぎりで1番早い4Sで撮影されたのはこちら、なんと4Sの箱。10月14日に撮影、撮影者はDavid Peacockさん。

Twitter&Facebook

難しい。Facebookに問い合わせてみましたがわからずじまい。TwitterはAPIを公開していますが、シーケンス番号システムではないので、何百万という写真のなかから4S EXIFデータを持つ最初の写真を探すのは大作業です。ほぼ不可能なのだそうです。

そうこ(Mat Honan 米版