2歳の少女、生まれて初めて電話をかけて母親を救う(動画)

デジタルジェネレーションですから。

米国はテキサス州のLia taylorちゃん、2歳。母親の命に関わるピンチを電話をかけて助けを呼び見事救いました。Liaちゃん、電話をかけたのは実はこれが生まれて初めて。Liaちゃんの母親であるLarissaさんがある夜急に倒れた時、家にいたのは2歳のLiaちゃんとさらに小さい妹だけでした。倒れたお母さんを見てパニックにならず泣きもせず放置するでもなく、LiaちゃんがしたのはLarissaさんの携帯電話を使って祖母に電話をかけること。

電話を受けた祖母曰く、Liaちゃんは「ママ倒れた。」と話し、ママと話をさせてというと「ママ起きないの。」と答えたそうです。電話を母親に近づけていたようで、うめき声のようなものを聞いた祖母はすぐに救急車を呼び、自分もLarissaさん宅にかけつけました。Liaちゃんの迅速な電話のおかげで一命をとりとめたLarissaさん。あと10分でも病院に運ばれるのがおそ狩れば命に関わったようで、まさに1分1秒を争う状態でした。

母親と祖母曰く、Liaちゃんに電話のかけ方を教えたことは1度もなく、見よう見まねで操作を覚えていたようです。生まれた時からあらゆるガジェットが身の回りにあるデジタルジェネレーションならではです。そして、どんな小さい子供でも扱うことができるガジェットのインターフェースデザインの賜物ですねよね。

[ABC News]

そうこ(Casey Chan 米版