清掃員が拭いたゴミは8600万円のアートだった!

清掃員が拭いたゴミは8600万円のアートだった! 1

清掃員がなんか薄汚れたものを拭きとったら、高価なアート作品の一部だったことが後でわかり、関係者が慌てふためいています。

問題の作品はドイツ人アーティスト、マルティン・キッペンベルガー(Martin Kippenberger)の「When It Starts Dripping From The Ceiling(天井から、それが滴り始めた時)」。

ご覧のように、木の細い棒切れを積み上げたもので、土台には桶が置かれています。この桶の中にキッペンベルガー(1997年没)は全身全霊を込めて絵の具を塗り重ね、雨の水たまりが乾いたイメージを再現していました。

作品は好評を博し、キッペンベルガー人気も手伝って、69万ポンド(8600万円)もの高値がついていたのですが...。

この乾いた水の跡が底にこびりついたようになってるのを見た掃除レディーは、思わずアートに近寄ってはならない掟なことも忘れ、掃除担当として当然の仕事 ―掃除― をしてしまったのです。それも桶の面がピッカピカの新品みたいになるまでゴシゴシ磨きに磨いたというから、もはやプロ対決ですね。

借り物がこんなことになって修復は不能っぽいし、独オストバル美術館(Ostwall Museum)としてももうどうしていいかわかんなくて頭抱えてるんだそうな。ホントどうしたらいいんでしょね...。

 

 

因みに英紙ガーディアンによると、ゴミと間違えられて消されたアート作品は今回が初めてではなく、1986年には独デュッセルドルフのAcademy of Fine Artsでヨーゼフ・ボイス(Joseph Beuys)の絵「grease stain(油しみ)」(40万ポンド、4300万円相当)がモップできれいに拭き去られています

キッペンベルガー作品は現在も絶賛展示中。

[Guardian UK]

CASEY CHAN(原文/satomi)