Androidタブレットのあるモデルが1台売れる間に、iPad 2は100台以上が軽く売れちゃってる件

111030xoomreview1.jpg

日本国内でも似たような状況なのかな...

iPad 2の登場に多くのAndroidタブレットの競合メーカーが嘆いていたなんて話もありましたけど、本当なのかもしれませんね。いいスペックや機能をそろえたAndroid陣営の製品が出てきてはいるのに、なぜか世の中の皆さまはiPad 2ばっかり買っていくみたいな感じでしょうか。

例えば、日本ではauが「MOTOROLA XOOM」として販売してますけど、このほどMotorola Mobilityの第3四半期決算から明らかになった数字ですが、同社が7月から9月までの3か月間に出荷したXOOMタブレットの台数は10万台だったようですよ。一方、同じ期間にアップルが実際に売り上げたiPad 2の台数は1100万台でした!

そもそも出荷台数と販売台数という違いまでありますから、いかに他のAndroidタブレットのモデルと比較してアップルのiPad 2だけが売れまくっているのかが如実に表われていますけど、モトローラも巻き返しを準備中ですよ。すでに海外ではXoomの大胆な値下げが実施されているほか、より薄型の洗練されたデザインで進化した「Xoom 2」を、まもなく正式に発表してくる予定です。これでどこまで迫れるでしょうかね~

Business Insider

Casey Chan(米版/湯木進悟)