指揮者がいないオーケストラをリモートコントロール? Aphex Twinの発想が超人的!(動画)

Aphex Twinはカリスマ性のかたまりやーーー!!

Aphex Twinと言えば、アイルランド出身のDJで彼のスタイルはアシッドハウスからアンビエント、ドラムンベースまで多岐に渡ることで知られています。

9月にポーランドでEuropean Culture Congressというフェスティバルあったんですが、そこでの彼のオーケストラを引き連れてのパフォーマンスが注目されていますよ。「それぞれの楽器奏者はスクリーンに映し出されものを読んで演奏する」と聞いただけでは至って普通のオーケストラと同じのような感じがしますよね。譜面がスクリーンになっただけで。でも大事な指揮者はいないし、スクリーンに映し出されるものもどうやら普通の楽譜とは勝手が違いそうですよ。

指揮者がいないオーケストラをリモートコントロール? Aphex Twinの発想が超人的!(動画) 1

自分が担当しているパートの色が点灯したら「演奏しろ」で、バーの上り下がりは求められる「強弱」のサインなんです。もちろん彼のような音符で表せない音楽だからできることですが、こんなこと思いつかないですよね。

この不思議なサウンドとこれまたアーティスティックなビジュアルとがミックスされて、この超現実的な空間が作り出されるんでしょうね。彼は何てカテゴライズすればいいか分かりませんよ、もはや。そもそもそれがナンセンスなんでしょうね。

毎度、彼のアイディアにはホントに驚かされますよ。

[ The Creators Project ]

(河原田長臣)