AR三兄弟がニセ広告を使ったTVドラマのキャンペーンを実行中!

20111117ar3bros.jpg

またまた面白いことを...。AR三兄弟さんと言えば、

AR(拡張現実)技術を使ったり使わなかったして、昭和テイストのメディア拡張を続ける開発ユニット

な人たちなんです。実はちょっと前からギズと仲良くさせてもらってるんですよねー。そんな彼らが、今回ABC創立60周年記念スペシャルドラマ「境遇」の広告キャンペーンを担当されてたと聞きつけたので紹介したいと思います!

ホンモノ広告

これを見て「」となった方がほとんどだと思います。広告にホンモノとかあるの? 一体どういうことなのか見ていきましょう。

20111117ar3bros2.jpg

11月16日(水)より銀座松坂屋で「境遇」の屋外広告の掲載が始まりました。そこにARアプリ(iPhoneとAndroidに対応)をかざすと、看板の広告枠が街頭スクリーンのようになり、番組PR動画が携帯の画面上で流れる仕掛けだそうですよ。ほうほう渋谷のスクランブル交差点にあるようなアレですね。面白そうですな。

ニセモノ広告

ホンモノ広告と同じくニセモノ広告というのも11月16日(水)より始まるようですが、またまた「」ですね。

1. ニセモノWEB広告展開(ソーシャル境遇+ケイタイ境遇)

どうやらWEB広告にはソーシャル境遇(twitterとfacebookアプリ)とケイタイ境遇が用意されているようです。ソーシャル境遇というのは、SNS上でつながっている友人やフォロワーとの関係性を何かしらの境遇でつなげてくれるアプリだそうです。また、ケイタイ境遇は、自分の誕生日を入力するだけで自分の誕生日の事件や偉人の誕生日を網羅したオリジナル新聞を発行してくれるサービスだとか。

2. ガイトウ境遇

20111117ar3bros7.jpg

AR三兄弟がうっかりデザインされた紙が入ったポケットティッシュをゲリラ的に配るそうですよ。また同じデザインのフライヤーも都内各所に設置されているとか。しかもしかも、28日(月)にはAR三兄弟本人が新宿東口のステーションスクエア看板の下でティッシュ配りを行い、その模様がUSTREAMで無駄に放送されるみたいですよ。無駄にね。

3. ブロス境遇

20111117ar3bros3.jpg

キャンペーンの概要によりますと、

今回の全体的な暴挙をおもしろくおもったTVBros.が、特集を組んでくれることになりました。その名も、スペシャルドキュメント「処遇」。このニセモノ広告をAR三兄弟長男にそそのかさせれて会社に説得して作ってしまった岸本氏の処遇を問うというおもしろドキュメントです。(うっかり岸本氏+長男のセミヌードも披露します)

だそうです。セミヌードが見れちゃうようです

4. オリコン境遇

結構なアクセス数を誇るで有名なORICON STYLEでホンモノ広告とニセモノ広告が反転する特集ページを組んでもらうことになりました。ホンモノ広告の下部にニセモノへのリンクがあり、それをクリックするとAR三兄弟が今回の目論みの全体像をAR紙芝居で説明します。

目論みって...何か怪しいことを企んでいるのでしょうか?

その他

20111117ar3bros8.jpg

前述したティッシュに入ってる紙やTVBros.のテレビ欄にも仕掛けがあって、ARアプリをかざすと何かが起きるそうですよ...気になる方は是非ゲットして確かめてみてくださいね。

AR三兄弟は今回の企画によってホンモノ広告では訴求できない層(マスメディアを使った番宣では決してリーチできないネットや雑誌の情報を信じる層)へしっかり広告できたんじゃないか、と自負されていますよ。確かに今までにない手法ですよね。

面白くなりそうですよー!

[ ALTERNATIVE DESIGN++ ]

[ AR(現実拡張)について考える三兄弟の連続デブ小説 ]

(河原田長臣)