動画も無料、本貸出も無料...アマゾンPrimeほど得なサービスない!

2011.11.10 16:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

111103louisxivamazon.jpg


日本電子書籍参入を前に黒船来航騒がれてるアマゾンですが、今月アメリカではKindle買うとAmazonプライム会員は電子書籍を月1冊無料で借りられるようになりました

Amazonプライムは書籍・物販宅配を迅速に行う年会費のサービスとしてスタートし、その後、デジタルの映画・TV・楽曲・書籍を一手に扱う金の小槌に進化、今はこれさえあればどんなデジタル製品にもアクセスできるチケットへと脱皮しつつあります。

その魅力の第1は品揃え。Amazonプライムで買えるものはほんとに無限大です。ネットの巨大な倉庫の扉をこれで開けて、ペンチも靴下もブルーレイもスピーカーも電球もTVもジャンジャン家に届けてもらえるんです。アマゾンはまさにネットのウォルマート。買うと全品2日で無料で届けてくれます。梱包のぶん環境に悪い気もしますけど、そこは貯め買いで...。

第2の魅力は最近始めたPrimeインスタントビデオ。米国の人気TV番組(24、Arrested Development、Lostなど)や映画(Eternal Sunshine of the Spotless Mind、Fear and Loathing in Las Vegasなど)をプライム会員は無料でインスタントストリーミングできるんです! TVの対応機種も豊富で、便利なRokuでも使えちゃうし、もちろんパソコンでも観れます。まあ、Netflixほどの品揃えはないけど、FoxやPBSといった大手と組んで着々とライブラリ拡大中。
 

第3の魅力が、冒頭でも触れた電子書籍無料レンタルです。元々の本業の書籍もKindleの登場でまた新しい楽しみ方が生まれた、って感じですね。

Prime会員は5000を超えるタイトルから好きな本を月1冊無料でレンタルできます。返却期限なし! 出版大手6社はどこも参加してないので、ベストセラーが全部読めるわけじゃないけど、これ目当てでKindle買う人もいそうですよね。

このように、無料で早めに宅配してもらえて、ストリーミングもある程度楽しめて、本も無料で借りて、このお値段(アメリカでは年会費79ドル、学生は40ドル)。試しに今計算してみたら、

・NetflixはストリーミングONLYで月8ドル
・毎月1冊本を買って7ドル
・予定より早く宅配してもらうと追加料金は8ドル前後

8+7+8かける12で年間276ドルぐらいの出費。それを79ドルでやってくれるんだから、いや~Prime様々です!

Kindle Fireは安いけど、あとでゆっくり元とるから結局高くつく...みたいなこと言う人もいますけど、コンテンツも安いんですね。というか、どっちみちコンテンツ消費端末は中身買わないと埋まらないんだし、それはアップルもアマゾンも一緒です。アップルにiTunesがあるように、アマゾンにはプライムがあって、アマゾンは今後このプライムを武器にユーザーを(嫌な表現だけど)自社エコシステムにガッシリ囲い込んでいくんでしょうね。

消費者もここはじっくり秤にかけて選ばないといけません。商いのボリュームではアマゾンの勝ち。モノ、デジタルの別に関わらず、これだけの数の決済を処理してるサービスはプライム以外ありません。プライムも地域によってはイマイチだったり完璧じゃないですけど、プライムはアマゾンが片手間に始めたボーナスとかじゃなく、アマゾンの未来、銃に弾こめる込め矢なのだ、ということを忘れずにおきたいですね。

プライムはこれからもどんどん良くなりますよ。良くならないとアマゾン、未来ないですから。今は安さが売り物だけど、そのうちもっと良くなって、「楽しいからオンラインの買い物は全部プライム」...みたいなことになってしまうかも。


SAM BIDDLE(原文/satomi)
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
B0054304Q8


remote-buy-jp2._V45733929.jpg

B004Q8UB4C


remote-buy-jp2._V45733929.jpg

B003PSHTR6


remote-buy-jp2._V45733929.jpg