iPhone 4Sを買う前に...Androidケータイに強度では絶対に勝てないことを覚えておこう!(動画)

よく落っことしちゃう人は考え直したほうがいいかも...

さすがはA5プロセッサーを搭載して、他のAndroidスマートフォンと比較しても断トツのスピード感を誇る「iPhone 4S」ではありますが、最大の欠点ともいうべきポイントは、そのキャシャな強度にあるのかもしれませんよ。やっぱり少なくともなんかケースでガードしておかないと、裸族には厳しい現実が待ち受けていそうですね。

実際にド派手に腰や肩の高さから落とすドロップテストの結果、ガラス製のiPhone 4Sは、下手をすると1回の不運な落下事故でも粉々に表面および背面ガラスにヒビが入っちゃうことが判明しちゃいました! でも、同じドロップテストでも、サムスンの「GALAXY S II」ならば、プラスティックボディーにゴリラガラスという組み合わせは最強で、ちょっとしたスクラッチのキズは入りますが、少々の落下事故くらいならば余裕でサバイバル可能なんですよね~

iPhoneユーザーにとって、絶対に誤って落としちゃったりしないように、大切に気をつけてiPhoneを使わないといけないのは必須となりますが、将来的には、その強度にも気を配った新モデルの発表に期待したいところでもありますでしょうかね。

SquareTrade

Adrian Covert(米版/湯木進悟)