MicrosoftがAmazonやGoogleから優秀なエンジニア引き抜きのために「無料ベーコン大作戦」を開始!

MicrosoftがAmazonやGoogleから優秀なエンジニア引き抜きのために「無料ベーコン大作戦」を開始! 1

ベーコンの魔力には勝てませんからね。

米国のベーコン好きには驚かされます。ベーコン缶詰ベーコンのブラベーコンの銃にベーコンのミントにベーコン水にベーコン...。米国はベーコン中毒だ! ということで、そんなベーコン中毒を利用した素敵なプロモーションがありました。

MicrosoftがAmazon本社の前で無料ベーコンを配り、優秀な人材を引き抜こうとしています。キャッチコピーは「Wake Up and Smell the Future(目を覚ませ!未来の匂いを嗅げ!)」です。

美味しいベーコンで優秀なエンジニアを釣り上げようとするこの企画は、広告代理店Wexley School for Girlsのアイディア。MicrosoftはKinect for Windowsのチームメンバーを現在の35人から倍の70人に拡大しようとしており、そのために優秀なエンジニアが必要。しかし、優秀なエンジニアは大抵すでにどこかで働いているものです。そこで、彼らに魅力的なアピールをしかけて引き抜こう! というわけで「無料ベーコン大作戦」が決行されたのです。

もちろんエンジニアに限らずベーコンは皆さんに振る舞われているので、誰でも食べられるようですよ。トッピングもシラチャ(タイの辛いソース)・スプレーチーズ・ピーナッツバター・メープルシロップ・チョコレートソースと様々なものを用意。ベーコンだって安物ベーコンじゃありません。

11月21日はAmazon本社の前に表れたベーコン屋台ですが、今後AdobeやGoogleのオフィス前にも出現予定だそうです。ベーコンの魅力に惑わされるエンジニアが続出なるか!

[Seattle Times via The Next Web]

Image Credit: Brier Dudley/Seattle Times

そうこ(Casey Chan 米版