スプレーするだけで癌細胞が光り出す薬を東大が開発。MRIで困難だった微小癌の発見も1分で可能に

2011.11.24 16:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

111124glow01.jpg


東京大学大学院医学系研究科浦野泰照教授らのグループが、外科手術や内視鏡・腹腔鏡施術時に、の存在が疑われる部分にスプレーを噴きかけるだけで、1分前後で癌部位が発光する薬の開発に成功しました。これだけ短時間で鋭く癌部位を可視化する技術は、他に例のない世界初の技術です。

現在、微小癌の見落としや取り残しが大きな問題となっており、的確な検出法の確立が強く求められていました。癌の再発を防ぐには1mm程度の微小癌を検出し、これを全て取り除くことが非常に重要だからです。現在、PETやMRIなどによる診断が一般的ですが、こういった従来の手法では1cm以下の微小がんの検出は困難であり、手術者が内視鏡などを用いて探す以外に方法がありませんでした。

今回はこの試薬の効果がマウスを用いた実験によって証明されました。微小癌の発見や取り残しを防ぐ画期的な技術として、臨床応用が期待されています。現在、この薬の効果の検証を患者体内から取り出したばかりの癌サンプルを用いて行っている段階とのこと。

一刻でも早く実用化されることを期待しましょう。


スプレーするだけでがん細胞が光り出す蛍光試薬を開発-外科・内視鏡手術における微小がん見落としの問題に大きく貢献-[東京大学]

(鉄太郎)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
4827550123


remote-buy-jp2._V45733929.jpg

4344997379


remote-buy-jp2._V45733929.jpg

・関連メディア