iPhone 4Sのバッテリーの減りが早い人はこれをすべし!5つの対処

iPhone 4Sのバッテリーの減りが早い人はこれをすべし!5つの対処 1

新しいiPhone買ったらキム・カーダシアンの結婚ぐらいしかバッテリー持たなくなった!...とお困りのみなさまのために、ギリギリまで伸ばす対処術を集めてみました。

4Sのバッテリー問題はちょっと変な感じですよね。4Sのバッテリー容量自体はiPhone 4の5.25WHrsより若干上がって5.3 WHrsあるんですが、アップルの予想バッテリー寿命はiPhone 4より短いんです。どうして?

ひとつにはCPUがデュアルコアなこともありますが、ソフトのアクションがものすごく沢山あって、これが重くのしかかってる、というのもありそうですよね。ロケーションベースの機能は使うたびにガンガン電池食いますし沢山入ってますから...単にバグかもしれないけど...。

日ギズの反応を見てもOKな人とそうじゃない人に分かれてますね。短くて困ってる人は、とりあえず以下の対処をお試しあれ!

1. ロケーション、ロケーション、ロケーション

バッテリー泥棒を真っ先に疑われているのが、アップルが今回プッシュしたロケーション認識。リマインダ、友達を探す、位置ベースのソフト(最寄りのカフェに寄るようFoursquareからリマインダが届くソフトとか)などは使い方に関係なく、新しいiPhoneではGPSと電波中継タワーを使ってこれまでにないほど頻繁に現在地を確認しているんですね。これでバッテリーが激減りなのかも。幸い位置サービスはいろいろ手動でOFFにできます。

 

iPhone 4Sのバッテリーの減りが早い人はこれをすべし!5つの対処 2
まずメインの「Setting(設定)」リストから「Location Settings」を開いてください。すると携帯搭載の位置サービスの一覧(下)が出てきます。

地図のようなアプリは位置情報使うの当たり前ですけど、「なんでこれが位置情報?」と首かしげるアプリも混じってます(例:Angry Birds)。こういうのはOFFにしちゃいましょう。「えーでもChipotleのアプリがないとブリート注文するとき困る!」という人はONのままでいいですいいです、各自で判断しようね。

因みに天気アプリも「Notification Center」(ロック画面でもプッシュで見れる)確認するたびに現在地ごとの予報を表示してくるので、すごい便利なんだけどバッテリーにはかなり負担です。

iPhone 4Sのバッテリーの減りが早い人はこれをすべし!5つの対処 3

さ、ズイイイーッとリスト下って一番下に「System Services」という新しいボタンがありますよね。これ押してみてください。バッテリー吸血鬼がゴロゴロ眠ってるのはここです。以下のものを抹殺(OFFに)しましょう。

Diagnostics&Usage:あなたがどこでどのように携帯使ってるかの情報をアップルに自動で送信するやつ。

Location-Based iAds:位置ベースのiAd。広告ってだけでも邪魔。ましてや自分の居場所を広告主に知らせる必要ないです。

Setting Time Zone:タイムゾーン[時差]の設定。1日置きに国境またぐ人でもない限り、国を移動したか絶えず見張って時差設定し直す必要ないよね。

Traffic:まあ、これは使う人が減ると、クラウドソースの渋滞MAPの情報が薄くなってあんまりアテにできなくなっちゃうけど、しょうがないよね。

2. メールチェックの間隔をあける

プッシュメールは便利だけど、常時接続は電気食います。「待ってもOK」な人は、Settings > Mail, Contacts, Calendar > Fetch New Dataと進んで、「Push」をOFFにして、自分が耐えられるギリギリのメールチェックの間隔に設定しておきましょう。一番バッテリーかかんないのは手動だよ~ん。

3. iCloudでクラッシュする人はこれ

iCloudのバックグラウンドのシンクで電池減ってんじゃないの? という声もあります。MacWorldのChristopher Breen記者の持ってるiPhone 4Sは、バックアップをコンスタントに同期しようとしてクラッシュ・サイクルに嵌ってたそうな。そこでiCloudのコンタクトの同期をOFFにしてSystem Activity Monitorに戻って電池の減りが改善されるかどうか確かめてみたら改善されていたので、Settings > General > Reset > Erase All Contents and Settingsで携帯の情報を一度消し、MacやiCloudからバックアップ情報を引っ張ってくるんではなく新しい携帯として再起動し、iCloudの設定を一からやり直した(iCloudの画面で連絡先同期、カレンダ同期などONにした)らクラッシュしなくなったそうです。


4. バッテリーセーブの基本にかえる


画面の明るさを下げ、BluetoothとWi-FiをOFFににして、データ接続が必要ないときは3GもOFFにします。「何やってもダメだった」という人も、システムをフルリセットしてスタートし直したらバッテリーの持ちが改善した、という報告もアップルのフォーラムにはあがってます。「そんなことまでやるんかい!」と思っちゃいますけど万策尽きた人はやる価値アリかも。


5. バッテリーを一度空にする


バッテリーも筋肉のようなもので、体調をピークに持ってくには肩慣らしが必要なのかも...という説。ある4Sオーナーはバッテリーを一度空にして(勝手に切れるまで放っておく)からノンストップで100%充電したら快調になったそうですよ。もはやブードゥー。


...そもそも何故バッテリーの減りが早いの?


誰も確かなところはわかりません。iPad 2、iPhone 4でもiOS 5にアップグレードしたらバッテリーの減りが早くなったと言ってる人も多いので、新しいソフトウェアの機能の問題...なのかな?

それかハードも根っこのところで問題なのかも...。iPhone 4S新搭載のA5プロセッサはふたつのコアを持つチップなので、Appleが予想した以上にパワー食ってしまってるのかもしれません。このA5と、iPhone 4搭載のA4はどちらも同じ45nmプロセス(プロセッサ上のパーツがどれだけ小さいか、を示す。小さいほど電力効率は高い)のプロセッサです。が、面白いことにA5は、必要な時にはスピードをスロットル調整して電力がセーブできるようになってるんです。この機能が4Sで滅茶苦茶になってるんだとしたら、ソフトウェアのアップデートでチップを正気に戻すことは可能ということになります。

あとスクリーンもありますしね。Retinaディスプレイはゴージャスだけど、これだけ薄いフォームにこれだけ沢山のピクセル詰めたら、若干太めの一部Android対抗機種より不利になりますし。現に似たような位置情報ベースの機能を持ってるのにも関わらず、Androidの方がバッテリー寿命はもっと長いですからね。ArsTechnicaのJoanが言うように外観がグレイトなものには、それ相応のグレイトな責任が伴うってことですねー。

Photo via iFixit

SAM BIDDLE(原文/satomi)