アルゼンチンの原発付近で三つ目の魚

アルゼンチンの原発付近で三つ目の魚 1

アルゼンチン中部コルドバの原子力発電所付近の貯水湖から三つ目のオオカミウオが釣れ、地元住民を不安に陥れています。

最初釣れたときは暗がりでよく見えなかったのだけど、フラッシュライトを当てたら、目と目の間に3番目の目があって漁果の喜びも吹っ飛んだ、とのこと。

原子力発電所の排水と関連があるかどうか詳しく調べてもらう予定です。

因みに写真の右にギズがちょこんと足したのは、アメリカのTVアニメ「ザ・シンプソンズ」の三つ目の魚...。主人公ホーマーはスプリングフィールド原子力発電所の安全検査官で、原発の社長が知事選に出馬すると、原発の池から有害物質垂れ流しで突然変異した三つ目の魚が釣れて大騒ぎになるんです。

考えてみればすごい設定ですね...ゴジラほどじゃないけど。

[Infobae via Geekologie]

ANDREW LISZEWSKI(原文/satomi)